過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「2021年1月」の過去問をランダムに出題

問題

将大さんは老後に備え、個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」という)について、FPの福岡さんに質問をした。iDeCoに関する福岡さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

<設例>
   1 .
「将大さんは、確定給付企業年金を実施している企業に勤めていますので、iDeCoの加入対象者とはなりません。」
   2 .
「iDeCoに加入した場合、支払った掛金は、所得税や住民税の計算上、小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となります。」
   3 .
「国民年金の第3号被保険者である雅子さんは、iDeCoの加入対象者となります。」
( FP3級試験 2021年1月 実技 問80 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、

・日本に居住している20歳以上60歳未満の方であれば、原則誰でも(企業型確定拠出年金に加入している方は規約でiDeCo同時加入が認められている方のみ)加入できます。

・毎月一定金額の掛金を拠出し、自らが運用指図者となって金融商品で運用します。

・拠出限度額は、加入者の職業等によって定められています。

・60歳以降に、運用成果に応じた金額を年金または一時金で受け取ります。年金で受取った場合は「雑所得」、一時金で受取った場合は、「退職所得」となります。

・拠出額全額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となったり、運用で得た運用益が非課税となったり、受け取るときの受け取り方によって、公的年金等掛金控除または退職所得控除の対象となるなど税制優遇のメリットを享受できます。


設例1は、iDeCoは確定給付企業年金加入者でも加入できるので、誤りです。

設例2は、記述通り、適切です。

設例3は、iDeCoは第3号被保険者でも原則誰でも加入できるので、適切です。


以上より、正解は1です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

正解は「1」です。

確定給付企業年金は、企業年金の一つで、将来受け取る年金額を確定し、それに基づいて掛金の額を決める年金です(「給付額」が確定している制度です)。

原則として、掛金は事業主が負担し、運用、給付まで責任を負います。

確定拠出年金は、掛金の額をあらかじめ決めておき、将来もらえる年金の額は加入者個人の運用次第で増減するタイプの年金です(「拠出額」が確定している制度です)。

確定拠出年金には、企業型と個人型があり、個人型確定拠出年金をiDeCoといいます。

1.不適切です。

確定給付企業年金に入っている会社員もiDeCoに加入できます。

2.適切です。

福岡さんの説明のとおりです。

3.適切です。

福岡さんの説明のとおりです。

2017年の対象者の拡大により、第三号被保険者はiDeCoに加入できるようになりました。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。