過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「学科」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 780問 正解) 全問正解まであと780問
貸家の敷地の用に供されている宅地( 貸家建付地 )の相続税評価額は、(   )の算式により評価する。
 1 . 
自用地としての価額 ×( 1− 借地権割合 )
 2 . 
自用地としての価額 ×( 1− 借家権割合 × 賃貸割合 )
 3 . 
自用地としての価額 ×( 1− 借地権割合 × 借家権割合 × 賃貸割合 )
( FP3級試験 2018年1月 学科 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
5
評価しない
正解は3です。

・借地権の評価額
→自用地評価額×借地権割合

・貸宅地の評価額
→自用地評価額×(1−借家権割合)

・貸家建付地
→自用地評価額×(1−借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
評価後のアイコン
2018/08/16 21:29
ID : omcnddkps
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3「自用地としての価額 ×( 1− 借地権割合 × 借家権割合 × 賃貸割合 )」です。

借家権割合は、その土地に対して建物が占めている割合を差し、全国一律30%と国税局長が定めいます。
賃貸割合は、借家人が実際にいる面積の割合です。
評価後のアイコン
2018/08/04 11:41
ID : wwttezhtjk
評価する
0
評価しない
3が正解です。

賃貸割合は相続発生時に実際に賃貸していた部分の割合をさします。
評価後のアイコン
2018/07/01 18:50
ID : tqemxmkkm
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このFP3級 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。