過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

FP3級「学科」の過去問をランダムに出題

問題

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、その宅地のうち( ① )までを限度面積として、評価額の( ② )相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる。
   1 .
①:200m2  ②:50%
   2 .
①:330m2  ②:80%
   3 .
①:400m2  ②:80%
( FP3級試験 2022年1月 学科 問60 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料) が必要です。
評価する
2
評価しない

正解は 3 .①:400m2 ②:80% です。

小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」とは

相続した住居用や事業用である宅地に高額な相続税を課すと存続する事が困難になるため、通常の評価額から減額する特例の事をいいます。

他の選択肢も「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」に該当します。

以下の通りになります。

 ①限度面積 ②減額割合

1 .①:200m2 ②:50%- 貸付事業用宅地等

2 .①:330m2 ②:80%- 特定居住用宅地等

3 .①:400m2 ②:80%- 特定事業用宅地等

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

相続・事業承継分野から小規模宅地等の特例についての出題で、正解は3です。

小規模宅地等の特例では、特定事業用宅地等の場合、「400㎡」までを限度面積として、

評価額の「80%」相当額を控除した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができます。

なお、特定居住用宅地等の場合は、限度面積330㎡まで80%減額され、貸付事業用宅地の場合は、

限度面積200㎡まで50%減額されます。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解は3です。

特定事業用宅地等では400㎡までを限度面積とし、評価額の80%相当額が減額されます。

選択肢1.限度面積200㎡、評価額50%相当額に該当するものは貸付事業用宅地等です。

選択肢2. 限度面積330㎡、評価額80%相当額に該当するものは特定居住用宅地等です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このFP3級 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。