過去問.com

保育士試験 平成25年度(2013年) 保育原理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、「保育所保育指針」第1章「総則」の(2)「保育の方法」の一部である。( A )~( E )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・子どもの( A )を大切にし、健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境や、自己を十分に発揮できる環境を整えること。
・子ども相互の関係づくりや互いに尊重する心を大切にし、( B )における活動を効果あるものにするよう援助すること。
・子どもが自発的、意欲的に関われるような環境を構成し、子どもの( C )な活動や子ども相互の関わりを大切にすること。特に、乳幼児期にふさわしい体験が得られるように、生活や遊びを通して( D )に保育すること。
・一人一人の( E )の状況やその意向を理解、受容し、それぞれの親子関係や家庭生活等に配慮しながら、様々な機会をとらえ、適切に援助すること。

 1 . 
A健康    B計画 C主体的 D包括的 E保護者
 2 . 
A生活リズム B集団 C主体的 D総合的 E保護者
 3 . 
A生活リズム B日課 C自発的 D包括的 E子ども
 4 . 
A健康    B集団 C自発的 D総合的 E子ども
 5 . 
A気持ち   B計画 C個性的 D総合的 E子ども
この問題の解説(4件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

正解は 2 です。

A 生活リズム
保育所の長時間にわたる生活の中で、一人一人の生活リズムを大切にするとともに、次第に乳幼児期にふさわしい生活リズムになるよう努めることが必要です。

B 集団
個と集団の育ちは相反するものではなく、個の成長が集団の成長に関わり、集団における活動が個の成長を促すといった関連性に十分留意して保育することが重要です。  

C 主体的
遊びを通して得られた満足感や達成感、時には疑問や葛藤が子どもの成長を促し、更に自発的に身の回りの環境に関わろうとする意欲や態度を育てます。

D 総合的
子どもの諸能力は生活や遊びを通して別々に発達していくのではなく相互に関連し合い、総合的に発達していくのです。

E 保護者
保護者の気持ちを受け止め、子どもの成長を共に喜び、保護者の子育てを励まし援助していくとともに、日常の様々な場面をとらえながら、継続的な関わりや対話を重ねていきます。


これらの解説は、保育所保育指針解説書の中で述べられています。

2014/11/10 14:02
ID : qvdgrpbwjc
2

保育所保育指針からの穴埋め問題も毎年必ず出題されています。
特に保育原理では第1章総則は確実に出題される傾向にあります。
第1章総則を確認してみると次のように分けることが出来ます。

第1章総則
1.趣旨
2.保育所の役割
3.保育の目標 保育の方法 保育の環境
4.保育所の社会的責任で構成されています。
趣旨以外の部分については例年必ず出題されていますので、どの部分が出題されても答えが導き出せるように、しっかり覚えましょう。

各選択肢はそれぞれ似たような語句となっており、どの語句でも当てはまるような気がします。
例えばEの文章「一人一人の(E)の状況」とありますが、Eが分かっていれば消去法で選択肢を半分まで減らすことが出来ます。

保育所保育指針は量も多く全てを覚えるのは困難ですので、ポイントは必ずおさえて得点につなげましょう。

・子どもの(A生活リズム)を大切にし健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境や自己を十分に発揮できる環境を整えること。

・子ども相互の関係作りや互いに尊重する心を大切にし(B集団)における活動を効果あるものにするよう援助すること。

・子どもが自発的、意欲的に関われるような環境を構成し子どもの(C主体的)な活動や(中略)生活や遊びを通して(D総合的)に保育すること。

・一人一人の(E保護者)の状況や(中略)適切に援助すること。

よって選択肢2が正解となります。

2015/10/06 21:06
ID : hsnwmpnfe
1

保育所保育指針からの穴埋め問題も毎年必ず出題されています。
特に保育原理では第1章総則は
1.趣旨
2.保育所の役割
3.保育の目標 保育の方法 保育の環境
4.保育所の社会的責任で構成されています。
趣旨以外の部分については例年必ず出題されていますので、どの部分が出題されても良いのでしっかり覚えましょう。

各選択肢はそれぞれ似たような語句となっており、どの語句でも当てはまるような気がします。
例えばEの文章「一人一人の(E)の状況」とありますが、Eが分かっていれば消去法で選択肢を半分まで減らすことが出来ます。

保育所保育指針は量も多く全てを覚えるのは困難ですので、ポイントは必ずおさえて得点につなげましょう。

・子どもの(A生活リズム)を大切にし健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境や自己を十分に発揮できる環境を整えること。

・子ども相互の関係作りや互いに尊重する心を大切にし(B集団)における活動を効果あるものにするよう援助すること。

・子どもが自発的、意欲的に関われるような環境を構成し子どもの(C主体的)な活動や(中略)生活や遊びを通して(D総合的)に保育すること。

・一人一人の(E保護者)の状況や(中略)適切に援助すること。

よって選択肢2が正解となります。

2015/10/06 21:03
ID : hsnwmpnfe
-1

正解は2です。
「保育所保育指針」第一章「総則」3「保育の原理」(2)「保育の方法」を参照すると、正しい記述は以下のようになります。

A 生活リズム
B 集団
C 主体的
D 総合的
E 保護者

2014/12/15 05:00
ID : qbkbkyvwno
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。