保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11138問 出題

問題

次の文は、子どもに関わる手当についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 児童手当は、中学校卒業までの児童を養育している人に対し、所得額にかかわらず等しく支給される。
B 児童扶養手当は、父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与するため、支給される。
C 児童扶養手当の支給には所得制限があり、手当の全部又は一部が支給されない場合がある。
D 児童扶養手当は、児童が日本国内に住所を有していなくても支給される。
 1 . 
A○  B○  C×  D○
 2 . 
A○  B×  C○  D×
 3 . 
A×  B○  C○  D×
 4 . 
A×  B○  C×  D○
 5 . 
A×  B×  C○  D○

この保育士 過去問の解説(3件)

評価する
7
評価しない
正解は3です。

A ×
児童手当には、所得制限が設けられています(児童手当法第5条第1項)。

B ○
適切な記述です。

C ○
適切な記述です。

D ×
児童扶養手当は、日本国内に住所がない場合は支給されません(児童手当法第4条)。
評価後のアイコン
2014/12/30 18:45
ID : qbkbkyvwno
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
A:児童手当。所得制限あり。施設入所・国外居住(条件付き)でも支給されます。

B:説明文の通りです。所得制限あり。

C:説明文の通りです。

D:児童扶養手当。施設・里親・国外居住は支給されません。

よって×○○×となり選択肢3が正解となります。
評価後のアイコン
2016/02/13 15:14
ID : hsnwmpnfe
評価する
0
評価しない
正解は 3です。

A…× 所得額に関わらず等しく支給されるのは間違いです。 (児童手当法第5条第1項)


D…× 児童扶養手当法第4条3の1には手当を支給しない要件として「日本国内に住所を有しないとき。」との記述があります。
評価後のアイコン
2016/01/13 16:32
ID : vvenfoax
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。