保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11179問 出題

問題

次の文は、老年期の発達についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A エリクソン(Erikson, E.H.)によると、老年期の発達課題は「統合対絶望」である。
B アイデンティティの再構築は、老年期特有のものである。
C 知的能力の低下を防ぐために、日常生活で知的活動を行うことが有効である。
 1 . 
A○  B○  C×
 2 . 
A○  B×  C○
 3 . 
A×  B○  C○
 4 . 
A×  B○  C×
 5 . 
A×  B×  C○

この保育士 過去問の解説(3件)

評価する
9
評価しない
正解は2です。

A ○
適切な記述です。
エリクソンは人生を8つの段階に分けて、発達課題を理論づけました。覚えておく必要があります。
老年期は生涯最後の段階で今までを振り返り楽しむ時期ですが、達成感がないと、ときに絶望に直面してしまいます。しかし、それを認めつつ発達していく段階となります。

B ×
アイデンティティの再構築は老年期よりもむしろ、青年期の特徴であるといわれています。

C ○
適切な記述です。
評価後のアイコン
2015/01/29 11:59
ID : qbkbkyvwno
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は2です。

Bが×・・・アイデンティティの再構築は青年期の特徴であるが、青年期だけでなく生涯にわたり何度も起こり、老年期特有のものではありません。
評価後のアイコン
2016/02/17 11:49
ID : vvenfoax
評価する
0
評価しない
A.正しい。老年期は、概ね65歳以降、子育てや退職これまでの人生の振り返りを行う時期です。満足や納得感が得られない場合は、「統合性<絶望」となります。絶望感を強く抱いてしまうことがあります。

B.誤り。アイデンティティの広義の意味は同一性・個性と言われています。成人~熟年期にかけて再度、訪れると言われており、老年期特有のものではありません。

C.正しい。知的活動とは、慎重に何かを考慮するという頭を使う過程のことです。日常生活で脳を刺激する知的活動を行うと晩年の認知症発症リスクが低減されるという報告もあるようです。

よって、選択肢2が正解となります。
評価後のアイコン
2016/12/25 20:36
ID : hsnwmpnfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。