過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11183問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文の(  )にあてはまる用語として、最も適切なものを一つ選びなさい。

今日においては、社会の急激な変化や大きな変化に適応でき、生涯にわたってたくましく生きるための力が重要である。したがって、困難な状況であっても、柔軟に対応しそれを乗り越えていく力、すなわち(  )を育むことも保育者に求められている。
 1 . 
センス・オブ・ワンダー
 2 . 
コンピテンス
 3 . 
レジリエンス
 4 . 
トレランス
 5 . 
アフォーダンス
( 保育士試験 平成25年(2013年) 保育の心理学 )

この過去問の解説(4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正解は3のレジリエンスです。

レジリエンスとは、弾力性という意味です。心理学では、ストレスを乗り越えていく力のことをいいます。

1のセンス・オブ・ワンダーとは、神秘的な事柄に感動する能力のことです。

2のコンピテンスとは、あることをやり遂げる能力、適正を示す言葉です。

4のトレランスは、寛容、耐性などと訳されます。

5のアフォーダンスは、ギブソンが提唱した言葉で、環境が動物に与える意味のことを示します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
解答は、3です。
1 センス・オブ・ワンダーとは、子どもが自然の中で見るものに感動したり、驚いたりする情動的経験のことである。
2 コンピテンスとは、有能感と訳される。他社から褒められることで、自分を有能であると感じることを意味する。
3 レジリエンスは弾力性と訳され、ストレスを乗り越えようとする力のことをいう。
4 トレランスは、我慢、耐久力のことである。
5 アフォーダンスとは、環境が動物に対して与える「意味」のこと。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は3です。

レジリエンスとは、困難な状況であっても、柔軟に対応しそれを乗り越えていく力のことです。

 
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は3です。

1.センス・オブ・ワンダー
英:sense of wonderとは、一定の対象に触れることで受ける不思議な感動、または心理的感覚を表現する概念です。

2.コンピテンス
英:competenceとは、効果的に問題解決していく能力のことです。

3. レジリエンス
英:resilienceとは、困難や逆境においても、状況に応じて対応することができる能力のことです。

4.トレランス
英:toleranceとは、耐性、寛容さという意味で、例えば様々な人種、思想、価値観をもつ人と共生するうえで必要な態度です。

5. アフォーダンス
英:affordanceとは、「与える・提供する」という意味の「アフォード(afford)」という言葉から名付けられた造語です。環境のさまざまな要素が人間や動物に影響を与え、感情や動作が生まれることです。アメリカの心理学者J・J・ギブソンが提唱しました。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。