過去問.com

保育士試験 平成25年度(2013年) 保育の心理学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、思春期の特徴に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 自己中心的な思考方法から脱し、親や教師との友好的な関係を結ぶ時期である。
B 身体の変化と心の変化のずれ、異性に対するあこがれと性に対する怖れなどの葛藤が生じる。
C 自分がどのような人間なのかという自己意識が高まる。
D 内省力が高まるため、自分の外見にこだわる醜貌恐怖などは起きにくくなる。

 1 . 
A○  B○  C○  D○
 2 . 
A○  B×  C○  D×
 3 . 
A×  B○  C○  D○
 4 . 
A×  B○  C○  D×
 5 . 
A×  B×  C×  D○
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は4です。

A ×
思春期は一般的には自己中心的になりがちで、親や教師には反抗的な態度をとる時期です。

B ○
適切な記述です。

C ○
適切な記述です。

D ×
醜貌恐怖(しゅうぼうきょうふ)は、自分の外見へのコンプレックスが強くなりすぎて悩んだ結果に起こる精神疾患の一種で、思春期の頃に発症しやすいといわれています。

2015/01/30 00:24
ID : qbkbkyvwno
3

解答は、4である。
A不適切である。自己中心的な思考方法から脱するのは、学童期である。
B適切である。思春期には、身体的な変化が生じたり、大きな変化に対応できず心理的に不安定になったりと様々な面でアンバランスとなり、葛藤が生じる。
C適切である。思春期には、自分でどのような人間なのか、これからどのように生きていくかなど、自己に対する意識が高まり、それを統合していくことが課題となる。それが確立できたときにアイデンティティーが確立されたということになる。
D不適切である。思春期には、自分が他者からどのように見られているかなどが気になり、実際にはそうではないのに醜いと感じる醜態恐怖などが起きやすくなる。

2014/10/20 21:27
ID : bbupnepwx
1

正解は4です。

Aが×・・・思春期は、逆に自己中心的な思考方法をとる傾向が強くなります。

Dが×・・・醜貌恐怖は、思春期妄想症の1種です。

2016/03/02 10:55
ID : vvenfoax
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。