過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11196問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、放射線被爆に関する記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A 被爆には、外部被爆と汚染された飲食物などによる内部被爆がある。
B 国際放射線防護委員会勧告による公衆の年間被爆線量限度は、1ミリシーベルトとされる。
C 宇宙線などの自然放射線被爆の世界平均は、年間2ミリシーベルトを超えない。
D 通常の胸部X線撮影による被爆は、10ミリシーベルトである。
E 胃のX線による造影検査は、胸部X線撮影と同等の被爆量である。
   1 .
A B
   2 .
A C
   3 .
B D
   4 .
C E
   5 .
D E
( 保育士試験 平成25年(2013年) 子どもの保健 問106 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
52
評価しない
正解は1です。

A ○
適切な記述です。

B ○
適切な記述です。

C ×
自然放射線被ばくの世界平均は2.4ミリシーベルトで、2ミリシーベルトを超えています。

D ×
通常の胸部X線撮影による被ばくは、0.06ミリシーベルト程度です。記述の10ミリシーベルトは多すぎます。

E ×
胃のX線造影検査(バリウム)は、15~30ミリシーベルトとなり、胸部X線撮影よりも被ばく量が格段に増します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解…1
以下、不正解選択肢についての補足
C:1年間の自然放射線量は2.4ミリシーベルトである.
D:胸部X線撮影による被曝は0.02〜0.1ミリシーベルトである.
E:胃のX線撮影による被曝は15〜50ミリシーベルトであり、胸部に比べて100倍以上被曝する.
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は1です。

A 適切です。

B 適切です。

C 宇宙線などの自然放射線被爆の世界平均は、年間2.4ミリシーベルトです。

D 通常の胸部X線撮影による被爆は、0.06ミリシーベルト程度です。

E 胃のX線による造影検査は15~30ミリシーベルトなので胸部X線撮影よりも被ばく量が大きいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。