過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 子どもの保健 問105

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、子どもの発育(成長)・発達に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
知能の発達は、脳の重量が増加することによって生ずる。
   2 .
身長や体重のように測定できる部分の増加を発育(成長)という。
   3 .
発育(成長)及び発達の年齢による変化率は一定である。
   4 .
機能的な成熟は、末梢から中心部へと向かって起こる。
   5 .
体重は、生後1年で約2倍になる。
( 保育士試験 平成25年(2013年) 子どもの保健 問105 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
28
評価しない
正解は2です。

1 ×
知能の発達は脳の大きさだけでなく、神経回路の発達によってなされていきます。

2 ○
適切な記述です。

3 ×
発育の変化率は一定ではなく、さまざまな経過が見られるものです。

4 ×
機能的な成熟は、中心部から抹消に向かって起こります。

5 ×
体重は生後1年で、約3倍になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解…2
以下、不正解選択肢についての補足
1:脳の重量の増加と知能の発達はかならずしも同等ではない.
3:子供には成長期が存在するため発育の変化率は一定ではない.
4:機能的な成熟は中心部から末梢へと向かって起こる.
5:生後一年で体重は3倍になる.
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は2です。

1 知能の発達は脳の重量が増加することと神経回路の発達により生じます。

2 適切です。

3 子どもには成長期があり、様々な経過が見られるため必ずしも変化率が一定とは限りません。

4 機能的な成熟は、中心部から抹消へと向かって起こります。

5 体重は生後1年で約3倍になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。