過去問.com

保育士試験 平成25年度(2013年) 保育実習理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、子どもにお話をするために必要な留意点である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 人数や空間には関係なく、大きな声を出す。
B 子どもを注目させるために、話のはじめに大きな物音をたてる。
C 方言は使わずに、すべて標準語で話す。
D 発声時に音声をコントロールできるように、日頃から練習する。

 1 . 
A○  B○  C○  D○
 2 . 
A○  B×  C○  D○
 3 . 
A×  B×  C○  D×
 4 . 
A×  B×  C×  D○
 5 . 
A×  B×  C×  D×
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は4です。

Aは×。人数や空間の広さに合わせて、聞きとりやすい声で話すようにすべきです。

Bも×。大きな物音では子どもたちを不必要に驚かせてしまいます。手遊びなど、子供が興味を持つような導入を考えるべきです。

Cも×。さまざまな地域の、特色ある方言を使うことも大切です。子どもたちの語彙を増やし、社会の多様性への理解を広げます。

Dは○。お話の内容に合わせて声を出せるよう、日ごろから練習をしておくとよいでしょう。

2014/09/29 16:03
ID : qbkbkyvwno
0

正解は4です。

小さな部屋や、1対1の時に大きな声はださないようにします。
物音で子どもたちは驚いてしまうかも知れません。
地域に合わせて言葉を使うと良いでしょう。
Dは保育士のトレーニングです。発声練習で子どもたちの集中も変わってきます。

2015/07/30 22:53
ID : zunvuzpjn
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。