過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 発達心理学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、成人期から老年期に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A エリクソン(Erikson,E.H.)の成人期の発達課題は「生殖性(世代性)」であるが、それは自身の子育てだけでなく、職場での人材育成や広く人の世話をすることも意味する。
B アイデンティティの形成は青年期特有のものではなく、成人期以降も「揺らぎ」、「組み替え」、「再構築」、「確立」という過程が繰り返される。
C 中年期の心理的変化は、否定的変化を意識することが多く、その内容は身体感覚の変化や、時間的展望のせばまりと逆転、老いへの不安などである。
D 老年期であっても、健康で自立し社会に貢献できる可能性を示す概念は、サクセスフル・エイジングとよばれる。

 1 . 
A○  B○  C○  D○
 2 . 
A○  B○  C×  D○
 3 . 
A×  B○  C○  D×
 4 . 
A×  B×  C○  D×
 5 . 
A×  B×  C×  D○
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

【正解】 1

エリクソンは、人間の成長を以下の8段階に分けて考えました。

乳児期、幼児期、児童期、学童期、思春期・青年期、成人期、中年期(壮年期)、老年期

A ○
成人期の心理課題は「生殖性 対 停滞性(自己没頭)」です。
次の世代を育てるための指導等をしていくことを通じて、社会を前進させて行くのが生殖性、次の世代を育てることに関心が持てず自身も停滞し、やる気が低下することが停滞性です。
この発達段階の課題を克服すると、他人の世話を通して自己を成熟させることができます。

B ○
成人期以降も、家族や異性、子どもなどを通して新たな自己アイデンティティが再構築されるとされています。

C ○
中年期とはだいたい40~64歳くらいをいい、身体的、社会的、家庭的、心理的に変化の多い時期とされています。

D ○
「サクセスフル・エイジング」とは、年齢とともに、老いてくいくことを認識しつつ、これを受け入れながら社会生活にうまく適応して豊な老後を迎えていることをいいます。

2015/08/04 14:44
ID : kcqnaguv
1

正解…「1」
1・「エリクソン」は人生を8段階に区分しました。
『成人期』は『生殖性 対 自己没頭』とされ、次の世代を育てていくことに関心を持つことを意味し、自分自身にしか関心が持てず、自己没頭という状況になると人格の停滞を示し、この発達をうまく乗り越えられないとしました。

2・『アイデンティティ』とは「エリクソン」による言葉で『自己同一性』とも呼ばれ、様々な問いを通して自分自身を形成し、自分が誰なのかを知ることとされています。
「エリクソン」自身が生涯を通して悩んだことから生み出されたとされ、青年期だけでなく、中年期や老年期に何度も繰り返して再構築されるものとされています。

3・中年期には、体力に限界を感じたり、毛髪の減少など見た目の変化を感じたり、生活習慣病が起こりやすくなり、今までのやり方ではうまくいかないと感じ始め、自分の生き方に見直しを迫られる時期とされています。

4・『サクセスフル・エイジング』とは諸説ありますが、年齢と共に老いていく現実を認識しつつ、これを受け入れながら社会生活にうまく適応し、豊かな老後を迎えていること。よき老後を迎えていること、などがあります。

2014/11/10 14:40
ID : fvejmypcpz
1

アイデンティティの形成は青年期の特徴に思われがちですが、成人期以降にもその特徴が見られます。

2014/10/08 00:19
ID : femwzfkn
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。