過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 保育原理    保育士 過去問 | 無料の過去問題

問題

次の文は、2008年に「児童福祉法」に法定化された家庭的保育事業についての記述である。( A )~( E )に当てはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・家庭的保育事業とは、乳児又は幼児であって、( A )が「児童福祉法」第24条第1項に規定する児童に該当すると認めるものについて、( B )の居宅その他の場所において、( B )による保育を行う事業をいう。
・家庭的保育事業を実施するにあたっては( C )が策定され、そこには( B )の( D )や( E )が定められている。

 1 . 
A市町村  B家庭的保育者  Cガイドライン  D要件  E研修
 2 . 
A県    B保育士     C法律      D資格  E条件
 3 . 
A県    B家庭的保育者  Cガイドライン  D要件  E研修
 4 . 
A市町村  B保育士     C規定      D資格  E条件
 5 . 
A国    B保育士     C法律      D資格  E要件
この保育士 過去問の解説(2件)
9

正解は1です。

家庭的保育事業とは、保育に欠ける乳幼児を保護者に代わって居宅等において保育する事業のことを言います。家庭的保育を行える者は、市町村長が行う研修を修了した保育士、幼稚園教諭、看護師、助産師、保健師等であったが、2010年4月より規制が緩和され無資格であっても一定の研修を履修することで資格要件を満たせるようになりました。家庭的保育を実施するにあたり、安全な保育を行うためのガイドラインや要件が定められています。

2014/10/31 17:19
ID : cjyjyzdkbp
付箋メモを残すことが出来ます。
4

児童福祉法 第34条15(家庭的保育事業)参照。
まずは、家庭的保育事業がどこの管轄により行われるかが分かれば選択肢が半分まで減らすことができます。児童福祉法で規定されている様々な事業についても保育原理で問われることがありますので、児童福祉法・保育所保育指針は必ず読み込む事が必要です。

・家庭的保育事業とは乳児又は幼児であって(A市町村)が「児童福祉法」第24条第1項において(B家庭的保育者)の居宅その他の場所において(B家庭的保育者)による保育を行う事業を言う。

・家庭的保育事業を実施するにあたっては(Cガイドライン)が策定されそこには(B家庭的保育者)の(D要件)や(E研修)が定められている。

2015/11/29 11:31
ID : hsnwmpnfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 保育士試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この保育士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。