過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11420問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は保育士資格に関する記述である。正しいものを一つ選びなさい。
 1 . 
保育士でなくなった後は、有資格者であった時の業務に関して知り得た秘密について守秘義務はなくなる。
 2 . 
保育に関する業務以外のことでの信用失墜行為であれば、信用失墜行為の禁止に違反せず処分はない。
 3 . 
保育士資格は業務独占であるため、保育士でない者は保育を行うことはできない。
 4 . 
禁固以上の刑に処せられた場合、刑を終えてからの期間に関わりなく保育士になることはできない。
 5 . 
保育士試験受験者は、保育士試験に合格し、都道府県の保育士登録簿に登録して保育士になることができる。
( 保育士試験 平成23年(2011年) 社会福祉 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解は 5 です。

1 ×
守秘義務違反(正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らす行為、保育士でなくなった後においても同様)をした場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

2 ×
業務以外のことであっても、保育士の信用を傷つけるような行為をした場合登録の取り消しまたは保育士の名称使用の停止です。


3 ×
保育士は名称独占資格なので、資格がなくてもその業務に従事することはできますが、保育士または紛らわしい名称を名乗ることはできません。

4 ×
禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない人は保育士登録はできません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
児童福祉法 第6節 第18条~保育士について記載されています。
以前、この18条について試験に出題されたこともあります。児童福祉法の中でも保育士について書かれた部分については一通り読んでおきましょう。

1.誤り。第18条の22(保育士の秘密保持義務)保育士でなくなった後においても秘密保持義務はあります。

2.誤り。第18条21(信用失墜行為の禁止)保育士は保育士の信用を傷つける行為をしてはならない。

3.誤り。第18条23(名称の使用制限)保育士は名称独占です。保育士でない者は保育士又は紛らわしい名称を使用してはなりません。

4.誤り。第18条5(欠格事項)2年経過しないと保育士にはなれない。

5.正しい。説明文の通りです。

よって選択肢5が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は5です。
1 .×
保育士でなくなった後でも、守秘義務はなくなりません。

2 :×
保育士登録の取り消し、名称使用の停止などの処分を受けることがあります。

3 :×
保育士資格は「名称独占」の資格です。業務独占ではないので、保育士でない者でも保育を行うことはできます。

4 :×
刑に処せられた場合、執行を終えて2年間を経過していない者は保育士になることはできないとされています。

5 :〇
保育士になるには、厚生労働省で定める事項の登録を受けなければならないとされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。