過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 児童福祉  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、児童の年齢や範囲に関する記述である。最も適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
「児童の権利に関する条約」では、わが国における18歳未満で結婚した女子も、児童とされている。
 2 . 
「日本国憲法」では、第27条第3項で、勤労の権利に関して『児童は、これを酷使してはならない。』としている。
 3 . 
「母子保健法」では、児童を「児童福祉法」と同じく、乳児、幼児及び少年の3つに分けている。
 4 . 
「児童福祉法」では、乳児とは満2歳に満たないものとされている。
 5 . 
「就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律」(いわゆる認定こども園法)では、第2条第1項で、子どもとは『満3歳以上小学校就学の始期に達するまでの者』とされている。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 2 です。
適切な記述です。

1 ×
「児童の権利に関する条約」第1条では、「この条約の適用上、児童とは、18歳未満のすべての者をいう。ただし、当該児童で、そのものに適用される法律によりより早く成年に達した者を除く。」と規定されています。
我が国の民法では「未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。」と規定されています。

3 ×
「母子保健法」では、新生児を「出生後28日を経過しない乳児」、乳児を「1歳に満たない者」、幼児を「満1歳から小学校就学の始期に達するまでの者」と定義しています。それ以上の年齢の子どもの定義は規定されていません。

4 ×
「児童福祉法」では、乳児とは「満1歳に満たない者」とされています。

5 ×
認定子ども園法の第2条第1項で、「子ども」とは「小学校就学の始期に達するまでの者」とされています。

2014/10/16 16:06
ID : qvdgrpbwjc
0

それぞれの法律や条約等で年齢の分類が違っています。必ず確認を行いましょう。(法律や条約の最初の方に必ず年齢の定義が書かれています。)

1.誤り。児童の権利に関する条約 第1条より「児童とは18歳未満の者をいう。ただし当該児童でその者に適用される法律により早く成年に達した者を除くとなっています。

2.正しい。日本国憲法 第27条第3項(勤労の権利及び酷使)3児童はこれを酷使してはならない、と記載されています。

3.誤り。母子保健法では、新生児、乳児、幼児、妊産婦、保護者の区分けしか記載されていません。少年の区分けはありません。

4.誤り。児童福祉法では乳児とは満1歳に満たない者となっています。

5.誤り。認定こども園法 第2条1項 子どもとは小学校就学の始期に達するまでの者と記載されています。

2016/04/23 21:45
ID : hsnwmpnfe
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。