過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11444問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、母子保健に関する記述である。誤ったものを一つ選びなさい。
   1 .
3歳児健康診査の実施主体は、都道府県である。
   2 .
平成17年~平成21年の1歳6か月児健康診査の受診率は、全国平均で毎年90%を超えている。
   3 .
妊娠の届出をすると、市町村から母子健康手帳が交付される。
   4 .
助産施設は、経済的理由によって入院助産を受けられない妊産婦を入所させて、助産を受けさせる児童福祉施設である。
   5 .
生後4か月を迎えるまでの乳児がいる家庭を訪問する乳児家庭全戸訪問事業は、保健師・助産師・看護師のほか、幅広い人材によって行われる。
( 保育士試験 平成23年(2011年) 児童福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は1です。

3歳児健康診査の実施主体は、「都道府県」ではなく「市町村」です(母子保健法第12条)。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1です。

市町村は、満3歳を超え満4歳に達しない幼児に対し、健康調査を行わなければなりません。(母子保健法第12条)
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1です。

3歳児健康診査の実施主体は、「都道府県」ではなく「市町村」になります。これは母子保健法第12条によって規定されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。