過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 保育原理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文のうち、「保育所保育指針」第3章「保育の内容」の(3)「3歳未満児の保育に関わる配慮事項」の一部として適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
排泄の習慣については、特に季節を考慮して寒くなる前までに自立できるようにすること。
 2 . 
3歳未満児は探索活動が重要であるが、事故防止を第一にクラス運営することが求められる年齢である。
 3 . 
3歳児未満児は自我が育つ年齢であり、子ども間の葛藤が生じるが、子ども自身で問題解決を図るようにすること。
 4 . 
情緒の安定を図りながら、子どもの社会性が育つことを重要と考え、子ども同士の関係を第一とすること。
 5 . 
担当の保育士が替わる場合には、子どものそれまでの経験や発達過程に留意し、職員間で協力して対応すること。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
9

正解は5です。

1 ×
「保育所保育指針」の「3歳児未満の保育に関わる配慮事項」イによると、「生活の基本的な習慣については、一人一人の状態に応じ、落ち着いた雰囲気の中で行うようにし、子どもが自分でしようとする気持ちを尊重すること」とあります。季節に合わせて自立を促すという記述は、不適切です。

2 ×
「保育所保育指針」の「3歳児未満の保育に関わる配慮事項」ウによると、「探索活動が十分にできるように、事故防止に努めながら活動しやすい環境を整え、全身を使う遊びなど様々な遊びを取り入れること」とあります。「事故防止を第一に」という記述だけでは、不適切となります。

3 ×
「子ども自身で問題解決を図るようにすること」という記述は不適切です。「保育所保育指針」の「3歳児未満の保育に関わる配慮事項」エによると、「子どもの自我の育ちを見守り、その気持ちを受け止めるとともに、保育士等が仲立ちとなって、友達の気持ちや友達との関わり方を丁寧に伝えていくこと」とあり、問題解決には保育士の仲立ちが必要な年齢であることが記されています。

4 ×
「保育所保育指針」の「3歳児未満の保育に関わる配慮事項」オによると、「情緒の安定を図りながら、子どもの自発的な活動を促していくこと」とあります。3歳児未満では社会性や、子ども同士の関係を第一とする段階ではないので、不適切です。

5 ○
適切な記述です(「保育所保育指針」の「3歳児未満の保育に関わる配慮事項」カ)。

2015/02/08 04:52
ID : qbkbkyvwno
3

正解…「5」
他に
・特に感染症にかかりやすい時期であるので、体の状態、機嫌、食欲などの日常の状態の観察を十分に行うとともに、適切な判断に基づく保健的な対応を心がけること。
・食事、排泄、睡眠、衣類の着脱、身の回りを清潔にすることなど、生活に必要な基本的な習慣については、一人一人の状態に応じ、落ち着いた雰囲気の中で行うようにし、子どもが自分でしようとする気持ちを尊重すること。
・探索活動が十分にできるように、事故防止に努めながら活動しやすい環境を整え、全身を使う遊びなど様々な遊びを取り入れること。
・子どもの自我の育ちを見守り、その気持ちを受け止めるとともに、保育士等が仲立ちとなって、友達の気持ちや友達との関わり方を丁寧に伝えていくこと。
・情緒の安定を図りながら、子どもの自発的な活動を促していくこと。
がある。

2014/10/16 21:40
ID : fvejmypcpz
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。