過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 保育原理  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次のある保育所での【事例】を読んで、【問】に答えなさい。

【事例】
Mちゃん(2歳半)は、保育所で毎日のように友達にかみついてしまいます。おもちゃの取り合いや、ふざけていてかむなら理由がはっきりしていて対応の方法も考えられますが、Mちゃんの場合は突然かみついて理由がわかりません。かまれて泣いている子どもの様子を見せ、泣いている子どもの気持ちを代弁して「いたいからかまないでね」とやさしく注意するのですが、かみつきはおさまりません。

【問】
子どものかみつきに対応する際の考え方として、「保育所保育指針」に規定される保育の方法に係る基本原則に沿った考え方を○、沿っていない考え方を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【対応する際の考え方】
A 子どもはことばが通じないことが多いが、他者を傷つけるかみつきは厳しく叱ることが重要である。
B 保育所は、一人の子どものためのものではなく、保育所に通うすべての子どもの生活の場であるので、安全の確保のためには、かみつきがおさまるまで隔離することが大切である。
C 2歳前後は自らの気持ちをことばで表現することが十分ではなく、かみつきも自己表現の一つとして、子どもの気持ちを受け止めていく。
D 2歳前後の子どもはことばで自己を表現することが難しい過程にあるので、かむことは仕方ないことであり、子どもが発達するのを待つ。
E かまれた子どもだけではなく、かんだ子どもの気持ちも保育士が表現して伝えながら、かまなくても気持ちを伝えられるようにしていく。

 1 . 
A○  B○  C×  D×  E×
 2 . 
A○  B×  C○  D○  E○
 3 . 
A×  B○  C○  D○  E○
 4 . 
A×  B○  C×  D○  E×
 5 . 
A×  B×  C○  D×  E○
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

正解は5です。

A ×
子どもに対しては、一人一人の発達過程に応じて保育することが大切です。
言葉が通じないのに厳しく叱っても、安心感や信頼感が失われるなどマイナス面が大きくなります。

B ×
保育所では、集団における活動を効果あるものにするよう援助することが求められています。
かみつきがおさまるまで隔離するという考え方は、「保育所保育指針」の基本原則に沿った考え方ではありません。

C ○
「子どもの気持ちを受け止めていく」という考え方は、「保育所保育指針」の基本原則に沿った考え方であるといえます。

D ×
「かむことは仕方ない」といって、ただ発達を待つという考えは、保育士として適切ではありません。子どもがしっかり発達できるよう、援助していくことが必要です。

E ○
かんでしまった子どもの気持ちにも寄り添い援助していくという考えは、「子ども相互の関係作りや互いに尊重する心を大切にする」という基本原則に沿っています。

2015/02/17 16:21
ID : qbkbkyvwno
5

正解…「5」

保育所保育指針 3保育の原理 (2)保育の方法参照

Cにあるように2歳前後の子どもたちは自発的に周りに働きかけるようになり行動範囲も広がっていく時期。と共に、まだ上手く欲求を言葉で表せないためかみつきという形で自己主張する年齢である。成長過程と受け止め、当事者の気持ちを代弁しながら発語を促していく。厳しく叱ったり隔離することは子どもにっとって悪影響である。

2014/10/20 00:35
ID : fvejmypcpz
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。