保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11556問 出題

問題

次の文のうち、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 團伊玖磨作曲、まど・みちお作詞の「ぞうさん」は、3拍子の曲である。
B すべてのわらべうたは、イ短調で作曲されている。
C 「赤い鳥小鳥」は、明治時代に発表された唱歌である。
D ニ長調の調号は、シャープが二つである。
 1 . 
A○  B○  C×  D×
 2 . 
A○  B×  C×  D○
 3 . 
A○  B×  C×  D×
 4 . 
A×  B○  C○  D×
 5 . 
A×  B×  C○  D○

この保育士 過去問の解説(3件)

評価する
5
評価しない
正解は2です。

A ○
適切な記述です。

B ×
わらべうたには短調が多いものの、すべてイ短調とはいえません。

C ×
「赤い鳥小鳥」が発表されたのは、大正時代です。
作詞は北原白秋、作曲は成田為三によるものです。

D ○
適切な記述です。ニ長調の主音はレで、♯が2つつきます。
評価後のアイコン
2015/03/05 15:10
ID : qbkbkyvwno
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は【2】です。

A:○ 『ぞうさん』の旋律はヘ長調四分の三拍子です。童謡には三拍子のものが少ないのですが、この曲は三拍子のリズムを使った美しい曲として愛唱されています。

B:× 全てのわらべうたがイ短調とは限りません。

C:詩は雑誌『赤い鳥』(赤い鳥社)一九一八年(大正七年)十月号に発表。、曲は雑誌『赤い鳥』大正九年四月号に発表されました。作詞は北原白秋、作曲は成田爲三です。

D:○ #2つはニ長調です。
評価後のアイコン
2016/09/02 21:30
ID : qmbgxfyaa
評価する
1
評価しない
正解は2です。

B. わらべ歌はいろいろな調の歌があります。
C. 1918年(大正7年)に発刊された童話童謡雑誌『赤い鳥』 の中心作家である北原白秋が詩を書き、成田為三作曲「赤い鳥小鳥」が発表されました。
評価後のアイコン
2016/04/05 17:06
ID : promcxmss
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。