過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17712問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、乳児の音声知覚についての記述である。適切な記述を選びなさい。
   1 .
新生児は母語にない音でも識別できるが、しだいに育てられた言語環境の影響を受け、母語にない音の識別力は低下し、母語に含まれる音への識別力が高まっていく。
   2 .
生後6か月頃から、子音と母音の構造をもつ規準喃語が現れる。
   3 .
話しかけの声のリズムに合わせて身体を動かす相互同期性は、新生児期からすでにみられる。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 保育の心理学 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
1~3の記述はいずれも適切です。
 聴覚は感覚器官の中でも比較的早く発達するため、新生児でも声を聞き分けることができ、話しかける抑揚に反応を示します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は1,2,3です。

1 適切です。
母語が分かるようになるにつれて、母語で識別する必要のない音を無視できるようになる。これは母語の音を獲得するための必要なプロセスです。

2 適切です。
規準喃語は、「バババ」など同じ音節が発せられることが多いため、反復喃語とも呼ばれます。また、生後11か月頃になると「バブ」など母音や子音の異なる音節が反復される非重複喃語が現れるようになります。

3 適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。