過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17729問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
10歳の男児。決して成績が悪いわけではないが、以前から忘れ物が多く、不注意な失敗や授業中の離席が目立っていた。担任と両親との面談では、父親は「自分の幼い頃に良く似ているので、心配はしていない」と言っており、母親は、「幼児期は常に手を繋いでいないとどこかへ行ってしまい、よく迷子になっていた」という。男児に対し、母親は育てにくさを感じており、厳しく躾をしてきたという。

【設問】
この子どもで最も疑われる精神医学的問題について、適切な記述を選びなさい。
   1 .
神経学的ソフトサインが認められることがある。
   2 .
女児よりも男児に多い。
   3 .
二次的障害に注意する。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 保育の心理学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
 事例の状況から、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の可能性が疑われます。

 1 適切 協調運動が苦手で、いわゆる不器用な子が多く見られます。

 2 適切 ADHDの男女差については、諸説ありますが、児童では男児が多く見られます。男児は8歳ころから、女児は12歳ころからの診断が多いとされています。

 3 適切 子どもの行動に対して周囲の対応が適切でないと、二次的に情緒や行動の問題が起こり、心理的な問題が深刻化したり社会的な不適応につながる場合があるので、注意が必要です。

参考:「DSM―IV 精神疾患の分類と診断の手引き」による注意欠陥・多動性障害の診断基準は、以下の通りです。

A.(1)か(2)どちらか
 (1)以下の不注意の症状のうち6つ(またはそれ以上)が少なくとも6ヶ月以上続いたことがあり、その程度は不適応的で、発達の水準に相応しないもの:
 不注意
  (a)学業、仕事、またはその他の活動において、しばしば綿密に注意することができない、または不注意な過ちをおかす。
  (b)課題または遊びの活動で注意を持続することがしばしば困難である。
  (c)直接話しかけられた時にしばしば聞いていないように見える。
  (d)しばしば指示に従えず、学業、用事、または職場での義務をやり遂げることができない(反抗的な行動または指示を理解できないためではなく)。
  (e)課題や活動を順序立てることがしばしば困難である。
  (f)(学業や宿題のような)精神的努力の持続を要する課題に従事することをしばしば避ける、嫌う、またはいやいや行う。
  (g)(例えばおもちゃ、学校の宿題、鉛筆、本、道具など)課題や活動に必要なものをしばしばなくす。
  (h)しばしば外からの刺激によって容易に注意をそらされる。
  (i)しばしば毎日の活動を忘れてしまう。

 (2)以下の多動性-衝動性の症状のうち6つ(またはそれ以上)が少なくとも6カ月以上持続したことがあり、その程度は不適応的で、発達水準に相応しない:
 多動性
  (a)学業、仕事、またはその他の活動において、しばしば綿密に注意することができない、または不注意な過ちをおかす。
  (b)しばしば教室や、その他、座っていることを要求される状況で席を離れる。
  (c)しばしば、不適応な状況で、余計に走り回ったり高い所へ上がったりする(青年または成人では落ち着かない感じの自覚のみに限られるかも知れない。)
  (d)しばしば静かに遊んだり余暇活動につくことができない。
  (e)しばしば“じっとしていない”またはまるで“エンジンで動かされるように”行動する。
  (f)しばしばしゃべりすぎる。
衝動性
  (g)しばしば質問が終わる前にだし抜けに答えてしまう。
  (h)しばしば順番を待つことが困難である。
  (i)しばしば他人を妨害し、邪魔する(例えば、会話やゲームに干渉する)。

B.多動性-衝動性または不注意の症状のいくつかが7歳未満に存在し、障害を引き起こしている。

C.これらの症状による障害が2つ以上の状況において(例えば、学校[または仕事]と家庭)存在する。

D.社会的、学業的または職業的機能において、臨床的に著しい障害が存在するという明確な証拠が存在しなければならない

E.その症状は広汎性発達障害、精神分裂病、またはその他の精神病性障害の経過中にのみ起こるものではなく、他の精神疾患(例えば、気分障害、不安障害、解離性障害、または人格障害)ではうまく説明されない。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
精神学的ソフトサインとは、病巣の局在を明らかに表さない微候のことをいいます。

ADHD などの発達障害の可能性があるでしょう。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は1,2,3です。

A 〇 適切です。
精神学的ソフトサインとは、病を明らかに表さない微候のことをいいます。

B 〇 適切です。
子どもの頃は、女児よりも男児のほうが多いようです。

C 〇 適切です。
周りからの適切な理解が得られないことにより、抑うつ、心身症、依存症、引きこもりなど反抗挑戦性障害、行為障害などがあらわれることを二次的障がいといいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。