過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17738問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、子どもの発育(成長)・発達に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
本来、子どもには育ち学ぶ力が備わっており、その将来にはさまざまな可能性を秘めている。
   2 .
子どもとその家族は、育児や健康にかかわる多様な支援が必要であり、現在は十分な支援を受けている。
   3 .
子どもは、たとえ病気や障害があっても、それぞれの健康レベルに応じて、各時期に特有の発達課題を達成していくことが大切である。
   4 .
保育士等は子どもの発育(成長)・発達を阻害する因子を取り除き、また、自己の体調や健康管理ができるように支援すると同時に、子どもが自分自身をどのようにとらえているかにも注目する。
   5 .
保護者に対しては、育児にかかわる一般的な知識の提供や、育児不安を緩和する精神的支援が大切である。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
まだまだ十分とはいえません。

支援が必要であることを地域ぐるみで把握し、
支援ができるようになることも
課題となっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
不適切な記述は、2です。

 現在はまだ子どもやその家族に対する個別的、継続的な支援が不十分です。特に育児不安や産後の精神障害等を認めた場合は、母親への精神的支援を行い、その状態を見極めて専門家への受診を勧める等の適切な指導を行うことが重要です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は2です。

1 〇 適切です。
本来、子どもには育ち学ぶ力が備わっており、その将来にはさまざまな可能性を秘めています。

2 × 不適切です。
子どもとその家族は、育児や健康にかかわる多様な支援が必要であり、「現在は十分な支援を受けている」とはいえません。

例えば、保育所の待機児童の課題などがあげられます。

3 〇 適切です。
子どもは、たとえ病気や障害があっても、それぞれの健康レベルに応じて、各時期に特有の発達課題を達成していくことが大切です。

4 〇 適切です。
保育士等は子どもの発育(成長)・発達を阻害する因子を取り除き、また、自己の体調や健康管理ができるように支援すると同時に、子どもが自分自身をどのようにとらえているかにも注目します。

5 〇 適切です。
保護者に対しては、育児にかかわる一般的な知識の提供や、育児不安を緩和する精神的支援が大切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。