過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17739問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、日本の人口動態統計上の出生や死亡に関する記述である。誤ったものを一つ選びなさい。
   1 .
2012年の出生数は約104万人であり、2000年の約119万人と比較して減少した。
   2 .
2012年の乳児死亡率(出生千対)は2.2であり、2000年の3.2と比較して減少した。
   3 .
2012年の新生児死亡率(出生千対)は1.0であり、2000年の1.8と比較して減少した。
   4 .
2012年の妊産婦死亡率(出産10万対)は4.0であり、2000年の6.3と比較して減少した。
   5 .
2012年の合計特殊出生率は1.36であり、2000年の1.41と比較して減少した。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
2012年の合計特殊出生率は1.41で
前年を0.02ポイント上回る結果となりました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
誤った記述は、5です。

 2012年の合計特殊出生率は1.41であり、2000年の1.36と比較して増加しています。合計特殊出生率とは1人の女性が生涯に産む平均子ども数を表します。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は5です。

「人口動態統計」は厚生労働省がしています。

合計特殊出生率は「15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの」で、一人の女性がその年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子どもの数に相当します。

5 × 不適切です。
2012年の合計特殊出生率は「1.36」ではなく「1.41」あり、2000年の「1.41」ではなく「1.36」で、増加しています。

2005年を機に上昇傾向ですが、出生数は減少傾向です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。