過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第17751問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、子どもの食事におけるカルシウム摂取に関する記述である。適切な記述を選びなさい。
   1 .
カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素である。
   2 .
カルシウムの給源として重要である牛乳、乳製品は、「6つの基礎食品」において、第2群(類)の食品である。
   3 .
「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、3~5歳のカルシウムの食事摂取基準(推奨量:mg/ 日)は、男性のほうが女性よりも多い。
   4 .
水溶性ビタミンであるビタミンEは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素である。
( 保育士試験 平成26年(2014年) 子どもの食と栄養 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
A.正しい。骨粗しょう症の予防に必要です。カルシウムを多く摂れば、骨に蓄えられます。

B.正しい。6つの基礎食品は、①魚肉卵②牛乳・乳製品③緑黄色野菜④淡色野菜、果物⑤穀類・イモ類⑥油脂類となっています。

C.正しい。厚労省「日本人の食事摂取基準」によると、3-5歳の男子585、女子533となっています。

D.誤り。ビタミンEは体内で作られる活性酵素を中和して老化の原因を防ぎます。
腸管でのカルシウムを吸収するのはビタミンDです。

よって、選択肢1.2.3が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
4→水溶性ビタミンに含まれるのはC群とB群のみ(実際にはHとMも含みます)で、E群をはじめA群D群K群は脂溶性ビタミンに含まれます。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は1,2,3です。

1 〇 適切です。
カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。

2 〇 適切です。
カルシウムの給源として重要である牛乳、乳製品は、「6つの基礎食品」において、第2群(類)の食品です。

3 〇 適切です。
「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、3~5歳のカルシウムの食事摂取基準(推奨量:mg/ 日)は、男性のほうが女性よりも多いです。

2020年版でも男性のほうが女性よりも多いです。

4 × 不適切です。
水溶性ビタミンであるビタミンEではなく「ビタミンD」は、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

ビタミンEは「脂肪の酸化防止」「血行促進」などの働きがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。