過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25023問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、子どもの生活環境を捉える考え方の特徴を示したものである。このような考え方を提唱した人物として正しいものを一つ選びなさい。

・ 子どもが所属し、多様な経験をする場として家庭、保育所、地域などがあるとした。
・ きょうだいの誕生や就学など、人生の出来事が影響を及ぼすとした。
・ しつけとして重視する内容は各家庭で異なっても、文化として共通する面もあるとした。
・ 人間を取り巻く環境を入れ子構造として捉えた。
 1 . 
ブラゼルトン(Brazelton, T.B.)
 2 . 
フェスティンガー(Festinger, L.)
 3 . 
マッコール(McCall, R.B.)
 4 . 
ブロンフェンブレンナー(Bronfenbrenner, U.)
 5 . 
ローレンツ(Lorenz, K.)
( 保育士試験 平成27年(2015年) 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
ブロンフェンブレンナーは、アメリカの発達心理学者です。子どもの発達に関する生態学的システム理論の提唱者として有名です。

ブロンフェンブレンナーは人間の発達過程は個人と環境との相互作用によって形成されるとし、個人の発達に影響を与える環境を、4つのシステムとして示しました。これは円状になっており「入れ子構造」と呼ばれています。この中のマイクロシステムは人が直接かかわる最小限の環境であり、子どもと学校、子どもと保育所などを示しました。

また、「特定の発達経過は、その人物の周囲にある両親、友だち、学校、職場、文化などから受ける影響の結果である」とあり、人生の出来事からの影響を示しています。生物学的要因だけでなく、環境要因を整えることを解き、のちのヘッドスタート事業の立ち上げに繋がります。

環境要因などの共通性から、しつけの内容が違っても文化的に共通する部分などにも言及しています。
このことから、4が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
解答は4です。

1、ブラゼルトン
 ブラゼルトンはアメリカの小児科医です。新生児行動評価スケールを開発しました。

2、フェスティンガー
 フェスティンガーはアメリカの心理学者です。認知的不協和理論を提唱しました。

3、マッコール
 マッコールは、人間はもともと「善なるもの」が備わっているというこども観を提唱しました。

4、ブロンフェンブレンナー
 この問題はブロンフェンブレンナーが提唱した、生態学的システム理論について書かれています。
 この理論では子どもを取り巻く環境を4つのシステムとして区分しており、それぞれのシステムが子どもの発達にどう影響しているかが説かれています。

5、ローレンツ
 ローレンツはオーストリアの動物行動学者です。エソロジーの概念を提唱しました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。