過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25028問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、子どもの他者との関わりについての記述である。(A)~(D)にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

日常、保育士が子どもに「なぜそれをしてはいけないか」を説明することによって、子どもは自分の行為が相手の気持ちにどのように影響するかがわかるようになる。このような経験によって、子どもは相手の(A)に気づき、相手の気持ちに寄り添うことができる(B)が育つ。また、相手の立場に立って考えることができる(C)も育つと言われている。これらが他者を思いやる(D)行動を育むことにつながる。

【語群】
ア  感情
イ  能力
ウ  共感性
エ  自尊感情
オ  役割取得能力
カ  自己調整能力
キ  合理的
ク  向社会的
 1 . 
(A)ア   (B)ウ   (C)オ   (D)キ
 2 . 
(A)ア   (B)ウ   (C)オ   (D)ク
 3 . 
(A)ア   (B)エ   (C)カ   (D)ク
 4 . 
(A)イ   (B)ウ   (C)オ   (D)キ
 5 . 
(A)イ   (B)エ   (C)カ   (D)キ
( 保育士試験 平成27年(2015年) 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
この設問は発達心理学についての問題です。

A は、直前の文章に「子どもは自分の行為が相手の気持ちにどのように影響するかがわかるようになる。」とあるので、気持ちに近いものは「感情」なのでアです。

Bは、「相手の感情に気づき、相手の気持ちに寄り添う」とあるので、「共感性」が該当するためウです。

Cは、「相手の立場に立つ」とあるので、他人の思考や感情、視点を理解する「役割取得能力」が該当するのでオです。

Dは、「他者を思いやる」とあるので、他の人や他の集団を助け役立とうとする「向社会的行動」が該当するためクです。

これらを組み合わせると2が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
解答は2です。

穴埋めをすると以下のようになります。
日常、保育士が子どもに「なぜそれをしてはいけないか」を説明することによって、子どもは自分の行為が相手の気持ちにどのように影響するかがわかるようになる。このような経験によって、子どもは相手の(A、感情)に気づき、相手の気持ちに寄り添うことができる(B、共感性)が育つ。また、相手の立場に立って考えることができる(C、役割取得能力)も育つと言われている。これらが他者を思いやる(D、向社会的)行動を育むことにつながる。

 子どもというのは自己中心的なものです。相手の立場になって考えられるようになるのは4歳頃からと言われています。
 保育士が代弁者となることで問題文にもあるように、子どもは相手の気持ちを知ったり、自分がしたことが相手にどう影響するのかを知っていくことにつながります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。