過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25030問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、乳幼児の他者との関わりについての記述である。【Ⅰ群】の説明と【Ⅱ群】の用語を結びつけた場合の適切な組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  身近な人たちとの触れ合いに応じて、それぞれ異なった特徴的なコミュニケーションをとる。
B  乳児が泣きや怒りをおさめ、おだやかな状態を回復するための手立てとして役立つ。
C  自分を受けとめてくれる経験の積み重ねから形成される。

【Ⅱ群】
ア  社会的ネットワーク論
イ  タッチング(スキンシップ)
ウ  3歳児神話
エ  基本的信頼感
オ  社会的促進
 1 . 
(A)ア   (B)イ   (C)エ
 2 . 
(A)ア   (B)イ   (C)オ
 3 . 
(A)エ   (B)ウ   (C)オ
 4 . 
(A)オ   (B)イ   (C)エ
 5 . 
(A)オ   (B)ウ   (C)ア
( 保育士試験 平成27年(2015年) 保育の心理学 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
Aに該当するのはアの社会的ネットワーク論です。社会的ネットワーク論とは、自己と他者とのつながりの関係性についての理論であり乳幼児が母親とは母親との特有のコミュニケーションの取り方をし、友達とは母親とは別のコミュニケーションの取り方をしていることなどです。

Bは、タッチングは看護技術の一つでもあり、手を当てたり、触れることで患者の精神的苦痛や身体的痛みを和らげることです。この場合、触れることで乳幼児の精神的痛みが和らぐのでィが該当します。

Cは、親などの身近な存在から愛され、大切にされている感覚を積み重ねることで、「基本的信頼感」が育成されます。これは発達心理学者エリクソンが提唱した概念です。このためエが正解です。

組み合わせると、1が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
解答は1です。

A、ア 社会的ネットワーク論
 ルイスによって提唱された理論です。
 多くの子どもにとって最初の身近な存在は母親です。最初に母子の間で築かれた愛着関係は、その後置かれる環境において影響はあるものの、その状況ごとに独立した発達過程をたどる、と述べています。

B、イ タッチング
 言葉で感情を表出できない乳児にとってタッチングはとても有効です。
 背中をなでられたり、太ももをさすられたり、抱っこをされたり、子どもによって安心感が得られるスキンシップに違いがあります。

C、エ 基本的信頼感
 エリクソンによって提唱された概念です。
 ありのままの自分を受容される経験の積み重ねが自己肯定感を育てます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。