過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25049問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




家庭での子どもへの虐待が疑われる場合には、速やかに児童相談所等へ通告する必要がある。次の文は、通告にあたっての留意事項である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A  「疑い」の段階では行ってはならない。
B  通告は、必ず書面で行う。
C  担当の保育士の判断だけでなく、必ず組織としての判断が必要である。
D  写真等の虐待を証明する資料はある方が望ましいが、必ず必要なものではない。
E  通告は、守秘義務に違反するものではない。
 1 . 
A B
 2 . 
B C
 3 . 
B D
 4 . 
C E
 5 . 
D E
( 保育士試験 平成27年(2015年) 子どもの保健 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解 5

A × 虐待の早期発見、対応の為、虐待を疑われた時点で通告します。

B × 通告は書面だけでは無く、口頭で行うこともできます。

C × 虐待の早期発見、対応の為に、組織としてでは無く、担当の保育士の判断で通告する事が出来ます。

D ◯ 問題文の通り、虐待を証明する物はある方が良いですが、必ずしも必要なものではありません。

E ◯ 問題文の通り、通告は守秘義務に違反しません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

A 虐待の早期発見、対応のためには「疑い」の段階でも通告する必要があります。

B 虐待の通告は口頭や電話でもすることができます。

C 虐待の早期発見と対応のために担当の保育士の判断により通告することができます。

D 虐待を証明する資料などはある方が良いです。ただし必ずしも必要というわけではありません。

E 児童虐待防止法第6条により、守秘義務よりも通告の義務が優先されることが規定されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。