過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25220問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、乳幼児の感染症と予防接種の知識に関する記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A  ロタウィルス胃腸炎の予防ワクチンは、生後6か月から接種する。
B  保育所で、はしか、おたふくかぜ、水ぼうそうにかかった子どもがいる場合には、予防接種を受ける時に担当医に報告するよう保護者に伝える。
C  予防接種を受けた後、当日の入浴はさけるようにする。
D  四種混合ワクチンは、ジフテリア・百日咳・ポリオ・破傷風の生ワクチンである。
E  はしか、風疹のワクチン(MRワクチン)は、1歳以降に接種を開始する。
 1 . 
A  B
 2 . 
B  D
 3 . 
B  E
 4 . 
C  D
 5 . 
C  E
( 保育士試験 平成28年(2016年)前期 子どもの保健 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
A:× 接種は生後6週から可能ですが、ほかのワクチンとの同時接種を考えて、生後2か月からが最適です。2回あるいは3回接種します。

B:○ 記述のとおりです。
はしか、おたふくかぜ、水ぼうそうには潜伏期間があります。今は元気でも実は感染している可能性もあるので、必ず医師に相談するよう声をかけます。

C:× 接種から1時間以上経過していれば、入浴できます。その際には注射したところを強くこすらないようにします。

D:× 四種混合ワクチンは、不活化ワクチンです。BCG、麻しんなどが生ワクチンです。

E:○ 記述のとおりです。
赤ちゃんはお母さんから免疫をもらって生まれてきます。その効果はだいたい6ヶ月といわれますが、個人差があります。風疹はその免疫がなくなれば0歳代でも発症しますが、予防接種をしてもお母さんの免疫の影響で、うまく作用しない可能性があるため、1歳以降の接種となっています。

よって正解は 3 です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。

A × 不適切です。
ロタウイルス胃腸炎の予防ワクチン接種は、生後6週以降から可能です。

B 〇 適切です。
「予防接種ガイドライン」第4予防接種の実施3予診票の各項目について(6)家族や遊び仲間の病気に記載されています。

C × 不適切です。
予防接種を受けた当日でも、入浴は可能です。

D × 不適切です。
四種混合ワクチンは生ワクチンではなく、不活化ワクチンです。

E 〇 適切です。
はしか、風疹のワクチン(MRワクチン)は、1歳以降に接種を開始します。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

A ロタウィルス胃腸炎の予防ワクチンは「生後6週」以降から接種が可能です。

B 適切です。

C 予防接種を受けた後、1時間以上経過していれば、当日の入浴は可能です。ただし、接種した場所をコスすらないなどの配慮が必要です。

D 四種混合ワクチンは、ジフテリア・百日咳・ポリオ・破傷風の「不活化ワクチン」です。

E 適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。