過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第25608問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、相談援助の展開過程の中の「ケースの発見」に関する記述である。最も不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
ケースの発見の契機は、直接の来談、電話での受付、メールによる相談、訪問相談等、様々である。
   2 .
利用者の能力や態度が相談援助の展開過程を左右することもある。
   3 .
接近困難なクライエントが地域にいる場合、援助者は利用者の来訪を待つ姿勢が必要である。
   4 .
地域の関係機関等と日頃から連携を強め、ケースの早期の発見に努めることも必要である。
   5 .
利用者と援助者との好ましい信頼関係を構築することも重要なテーマである。
( 保育士試験 平成28年(2016年)後期 社会福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
1
ケースの発見は「アウトリーチ」ともいいます。

2
利用者の能力や態度が相談援助の展開過程を左右する場合も否めませんが、相談援助職は、スーパービジョンを受けるなどをし、自らを振り返り、自らの専門職としての技法を高めていきます。

3
社会資源、ネットワークを駆使し、接触を試みます。

4
自治体担当部署や、地域の関係機関などネットワークを構築しておきます。
状況に応じて、迅速な対応が必要とされる場合もあります。

5
相談援助職は、利用者との信頼関係の構築につとめます。

以上のことから、正解は 3 です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1は○です。適切な記述です。

2は○です。適切な記述です。

3は×です。
接近困難なクライエントが地域にいる場合、利用者の来訪を待つばかりでは問題が生じる可能性があります。
援助者が地域や家庭に出向くアウトリーチの活動も重要となってきます。

4は○です。適切な記述です。

5は○です。適切な記述です。

よって正解の不適切な記述は3となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

・接近困難なクライエントが地域にいる場合、援助者は行政や民生委員など様々な機関と協力し接近の努力を図ることが大切です。

1,2,4,5は適切な記述です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。