過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第27233問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、土粘土の造形における技法・用具に関する説明である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。


A  テラコッタ粘土は空気が抜けやすく、制作後に窯で焼成(素焼き)することに適している。

B  制作の時に使用する粘土板は、水を吸わないようニス塗装されたものが良い。

C  粘土同士をくっつける場合、ドベを使用すると、より強力に接着することができる。

D  耳たぶ程度の硬さの粘土のかたまりを切る場合は、切り糸を使用すると便利である。

E  一定の厚みの板状の粘土を作る時には、タタラ板とのし棒を使用すると便利である。
   1 .
( A )○   ( B )○   ( C )○   ( D )○   ( E )×
   2 .
( A )○   ( B )○   ( C )○   ( D )×   ( E )○
   3 .
( A )○   ( B )○   ( C )×   ( D )×   ( E )○
   4 .
( A )○   ( B )×   ( C )○   ( D )○   ( E )○
   5 .
( A )×   ( B )×   ( C )○   ( D )○   ( E )×
( 保育士試験 平成29年(2017年)前期 保育実習理論 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正解は4です。

A、適切です。テラコッタ粘土は臭いがほとんどなく柔軟さがあるので、形成しやすい粘土です。焼成すると永続的な硬さになり、丈夫な作品に仕上がります。
B、不適切です。ニスは作品の仕上げに、ツヤ出しや汚れ防止の為に使います。自然乾燥が必要な土粘土の制作に使用する粘土板には不向きです。
C、適切です。「ドベ」とは、粘土に水を加えて泥状にしたものです。粘土は作品と同じものを使います。
D、適切です。粘土は粘性が強いため、手やカッター等では上手く切れません。切り糸にはタコ糸や針金など丈夫なものを使います。
E、適切です。粘土の両側にタタラ板を置きのし棒で伸ばしていくと、タタラ板と同じ厚みの粘土板が出来上がります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は4です。

A 適切です。「テラコッタ」とは素焼きという意味を持ちます。名前のとおり、空気が抜けやすく、制作後に窯で焼成するのに向いています。

B ニスは作品に艶をもたせるのに使うため、粘土板には使用しません。

C 適切です。ドベとは粘土に水を加え、泥状にしたもので、これを使うことにより、粘土同士を接着するのに使います。

D 適切です。耳たぶ程度の硬さの粘土のかたまりを切る場合は、切り糸を使用するときれいに切ることができます。

E 適切です。一定の厚みの板状の粘土を作る時には、タタラ板とのし棒を使用すると便利です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

A、◯
回答の通りです。
成形しやすく、幼児の造形活動に適した素材でもあります。

B、×
ニスは粘土作品の艶出しなどに使用します。

C、◯
「ドベ」とは、粘土を水でといたものです。

D、◯
この硬さの粘土は手では上手に切ることができませんが、
切り糸を利用すると綺麗に切ることができます。

E、◯
回答の通りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。