過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第39456問」を出題

問題

次の文は、「平成29年度子供・若者白書」における、子ども・若者を地域で支える担い手に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
保護司は、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員である。
 2 . 
厚生労働省は、様々な人権問題に対処するため、幅広い世代・分野の出身者に人権擁護委員を委嘱している。
 3 . 
児童委員は、厚生労働大臣から委嘱され、2015(平成27)年4月1日現在、全国で約23万人である。
 4 . 
主任児童委員は、関係機関と児童委員との連絡調整や児童委員の活動に対する援助と協力を行っている。
 5 . 
内閣府は、地方公共団体が委嘱している少年補導委員の活動に対して、補導・相談の効果的な進め方などの情報共有を行っている。
( 保育士試験 平成30年(2018年)後期 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1の記述は適切です。
平成29年版 子供・若者白書 第5章 第1節には下記の記述があります。

『保護司は,「保護司法」(昭25法204)に定めるところにより,法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員である。』

2の記述は不適切です。
平成29年版 子供・若者白書 第5章 第1節の1に下記の記述があります。

『法務省は,様々な人権問題に対処するため,幅広い世代・分野の出身者に人権擁護委員を委嘱しており,平成29(2017)年1月1日現在,全国に約14,000人の人権擁護委員がいる。』

よって人権養護委員を委嘱しているのは、厚生労働省ではなく法務省です。

3の記述は適切です。
平成29年版 子供・若者白書 第5章 第1節の1に下記の記述があります。

『児童委員は,民生委員をもって充てられ,平成27(2015)年4月1日現在,全国で約23万人が厚生労働大臣から委嘱されている。』

4の記述は適切です。
平成29年版 子供・若者白書 第5章 第1節の1に下記の記述があります。

『主任児童委員は,児童委員の中から約2万人が指名され,児童福祉に関する事項を主に担当し,関係機関と児童委員との連絡調整や,児童委員の活動に対する援助と協力を行っており,研修により専門的知識の習得に努めている』

5の記述は適切です。
平成29年版 子供・若者白書 第5章 第1節の1に下記の記述があります。

『内閣府では,地方公共団体が委嘱している少年補導委員(平成29年1月現在約6万人)の活動に関して,青少年センター関係者が集まる会議・会合等の機会を活用して,補導・相談の効果的な進め方などの情報共有を図っている。』

よって正解の不適切な記述は2となります。
評価後のアイコン
2019/11/10 17:20
ID : garoqtdx
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。