過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第40535問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、幼児のものの見方や考え方に関する記述である。( A )∼( D )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

メタ認知とは、目標達成のために現在の自己の状態を監視・調整する( A )や、それに伴う( B )なども含まれる。幼児期( C )から徐々に発達し、出来事を順序立てて話したり、園では当番活動ができたり、忘れ物をせずに帰り支度ができるなど、( D )に添った行動を可能にする。

【語群】
ア:プラン   イ:モニタリング  ウ:シェマ  エ:感情体験
オ:プライミング  カ:意識体験  キ:後半  ク:前半
   1 .
( A )イ  ( B )エ  ( C )キ  ( D )ア
   2 .
( A )イ  ( B )エ  ( C )ク  ( D )ア
   3 .
( A )イ  ( B )カ  ( C )ク  ( D )ウ
   4 .
( A )オ  ( B )エ  ( C )キ  ( D )ア
   5 .
( A )オ  ( B )カ  ( C )キ  ( D )ウ
( 保育士試験 平成31年(2019年)前期 保育の心理学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
正解は1番です。

メタ認知とは、目標達成のために現在の自己の状態を監視・調整する( A モニタリング )や、それに伴う( B 感情体験 )なども含まれます。幼児期( C 後半 )から徐々に発達し、出来事を順序立てて話したり、園では当番活動ができたり、忘れ物をせずに帰り支度ができるなど、( D プラン )に添った行動を可能にします。

モニタリングとは、現在の自分の状態や思考過程をモニターすることです。

シェマは、ピアジェの発達段階で、2歳までの6段階の活動の単位のことを言います。

プライミング(効果)とは、事前に見聞きしたことがその後の判断や行動に影響を与えることを言います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1です。

メタ認知の「メタ」とは「高次の」という意味です。認知とは知覚、記憶、学習、言語、思考といったことであり、より高い視点から、客観的に自分を認知することにより自分自身の認知行動を把握することができる能力のことです。

A イ:モニタリング 

B エ:感情体験

C キ:後半 

D ア:プラン  
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
設問の空欄に正しい文章を当てはめると、下記のような文章になります。

メタ認知とは、目標達成のために現在の自己の状態を監視・調整する(A モニタリング)や、それに伴う(B 感情体験)なども含まれます。幼児期(C 後半)から徐々に発達し、出来事を順序立てて話したり、園では当番活動ができたり、忘れ物をせずに帰り支度ができるなど、(D プラン)に添った行動を可能にします。

よって、正解の組み合わせは1となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。