過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46002問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次のA ~ Cのうち、「特別支援教育の推進について(通知)」(平成19年 文部科学省)の一部として、下線部分が正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A  特別支援教育は、これまでの特殊教育の対象の障害だけでなく、知的な遅れのない発達障害も含めて、特別な支援を必要とする幼児児童生徒が在籍する全ての学校において実施されるものである。
B  特別支援教育は、障害のある幼児児童生徒への教育にとどまらず、障害の有無やその他の個々の違いを認識しつつ様々な人々が生き生きと活躍できる共生社会の形成の基礎となるものであり、我が国の現在及び将来の社会にとって重要な意味を持っている。
C  特別な支援が必要と考えられる幼児児童生徒については、担任一人が責任をもって保護者の理解を得ることができるよう慎重に説明を行い、学校や家庭で必要な支援や配慮について、保護者と連携して検討を進めること
 1 . 
A:○  B:○  C:○
 2 . 
A:○  B:○  C:×
 3 . 
A:○  B:×  C:○
 4 . 
A:×  B:○  C:×
 5 . 
A:×  B:×  C:○
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 教育原理 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解は2です。

A 〇 適切です。
発達障害は、知的な遅れがある人、知的な遅れのない人まで広い範囲をふくんでいます。

B 〇 適切です。
文部科学省によると、「共生社会」とは、これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害者等が、積極的に参加・貢献していくことができる社会であると記載されています。

C × 不適切です。
「担任一人が責任をもって」ではなく「特別支援教育コーディネーター等と検討を行った上で」が適切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。

A 適切です。発達障害には大きな知的な遅れのない広汎性発達障害やADHD、学習障害なども含まれます。

B 適切です。「共生社会」とは、これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害者等が、積極的に参加・貢献していくことができる社会のことを言います。

C 特別な支援が必要と考えられる幼児児童生徒については、校長や特別支援コーディネイター等と連携し組織的に対応することが大切だと考えられています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。