過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46004問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文のうち、平成28年6月に改正された「児童福祉法」を受けて厚生労働省から示された、家庭と同様の環境における養育の推進に関する記述として適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
「家庭と同様の養育環境」には、里親がある。
   2 .
「家庭と同様の養育環境」には、地域小規模児童養護施設(グループホーム)がある。
   3 .
「家庭と同様の養育環境」には、小規模グループケアがある。
   4 .
「できる限り良好な家庭的環境」には、特別養子縁組を含む養子縁組がある。
   5 .
「できる限り良好な家庭的環境」には、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)がある。
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 社会的養護 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解は1です。

1 〇 適切です。
里親は「家庭と同様の養育環境」です。

2 × 不適切です。 
地域小規模児童養護施設(グループホーム)は、「できる限り良好な家庭的環境」です。

3 × 不適切です。
小規模グループケアは、「できる限り良好な家庭的環境」です。

4 × 不適切です。
特別養子縁組を含む養子縁組は、「家庭と同様の養育環境」です。

5 × 不適切です。
小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)は、「家庭と同様の養育環境」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は1です。

・「家庭と同様の養育環境」は、
『里親』『養子縁組』『小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)』です。

・「良好な家庭的環境」は、
『地域小規模児童養護施設(グループホーム)』『小規模グループケア』『児童養護施設』『乳児院』です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
厚生労働省によって示された家庭と同様の環境における養育の推進では、まずは児童が「家庭」において養育されるように保護者を支援していくとされています。
それが難しかったり適当でなかったりする場合には、児童が「家庭における養育環境と同様の養育環境」において継続的に養育されるよう、必要な措置をとっていくとされています。
さらにそれが難しい場合、または適当でない場合には、児童が「できる限り良好な家庭的環境」で養育されるよう、必要な措置をとっていくことになります。

この場合の「家庭」とは、実父母や親族等を養育者とする環境を指します。
「家庭における養育環境と同様の養育環境」とは、養子縁組による家庭、里親家庭、ファミリーホームのことを指します。
「できる限り良好な家庭的環境」とは施設のうち小規模で家庭に近い環境を指します。

上記をふまえて考えると、
1の記述は○、2の記述は×、3の記述は×、4の記述は×、5の記述は×となります。

よって正解の適切な記述は1となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。