過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46019問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」の前文の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

我が国においては、日本国憲法に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、( A )と( B )に向けた取組が行われている。
ところが、配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であるにもかかわらず、被害者の救済が必ずしも十分に行われてこなかった。また、配偶者からの暴力の被害者は、多くの場合女性であり、経済的自立が困難である女性に対して配偶者が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、( B )の妨げとなっている。
 1 . 
A:虐待の防止   B:社会福祉の推進
 2 . 
A:虐待の防止   B:民主主義の実現
 3 . 
A:人権の擁護   B:男女平等の実現
 4 . 
A:人権の擁護   B:社会福祉の推進
 5 . 
A:生存権の保障  B:男女平等の実現
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 児童家庭福祉 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

我が国においては、日本国憲法に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、( A 人権の擁護 )と( B 男女平等の実現 )に向けた取組が行われています。

ところが、配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であるにもかかわらず、被害者の救済が必ずしも十分に行われてこなかったです。

また、配偶者からの暴力の被害者は、多くの場合女性であり、経済的自立が困難である女性に対して配偶者が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、( B 男女平等の実現 )の妨げとなっています。

平成13年に制定され、通称、DV防止法・配偶者暴力防止法と、言われます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は3です。

以下が正しい文章です。

我が国においては、日本国憲法に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、( A人権の擁護 )と( B男女平等の実現 )に向けた取組が行われている。
ところが、配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であるにもかかわらず、被害者の救済が必ずしも十分に行われてこなかった。また、配偶者からの暴力の被害者は、多くの場合女性であり、経済的自立が困難である女性に対して配偶者が暴力を加えることは、個人の尊厳を害し、( B男女平等の実現 )の妨げとなっている。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。