過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第46088問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」(平成23年3月 厚生労働省)の一部である。( A )〜( E )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

・アレルギーという言葉自体は一般用語として広まっているが、その理解は曖昧である。アレルギー疾患を分かりやすい言葉に置き換えて言えば、本来なら反応しなくてもよい無害なものに対する( A )な( B )反応と捉えることができる。
( B )反応は本来、体の中を外敵から守る働きである。体の外には細菌やカビ、ウイルスなどの「( C )」がたくさんいるので、放っておくと体の中に入ってきて病気を起こしてしまうが、それに対して体を守る働きの重要なものが( B )反応である。
・ところがアレルギー疾患で問題になるのはダニの糞やダニが死んだ後の粉、つまり生き物としては悪さをしないものへの反応である。それが人間の体の粘膜に付く、または入ってくると、本来、( D )なのにも関わらず、アレルギーの人はそれに対して(  A )な( B )反応を起こして、逆に体に( E )な状態になってしまう、即ちアレルギー反応を起こす。
   1 .
A:精密  B:免疫  C:抗原  D:無害    E:不利益
   2 .
A:精密  B:生体  C:敵   D:無害    E:余分
   3 .
A:過剰  B:生体  C:抗原  D:非病原体  E:不利益
   4 .
A:過剰  B:免疫  C:敵   D:無害    E:不利益
   5 .
A:精密  B:免疫  C:敵   D:非病原体  E:余分
※「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」は2019年4月に改訂されました。
この設問は2011年(平成23年)のガイドラインに基づき出題されています。
<参考>
( 保育士試験 令和元年(2019年)後期 子どもの保健 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は4です。

「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」は、
2019年に改訂されています。

・アレルギー疾患とは、
本来なら反応しなくてもよい
無害なものに対する(A:過剰)な
(B:免疫)反応であると捉えることができます。

・免疫反応とは、
体の外にいる、細菌やカビ、ウイルスなどの
たくさんの「(C:敵)」から体を守る働きです。

・アレルギー反応は、
本来体にとって(D:無害)なのにも関わらず、
過剰な免疫反応を起こし、
逆に体に(E:不利益)な状態といえます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正しい語句をあてはめると、下記の文章になります。

・アレルギーという言葉自体は一般用語として広まっているが、その理解は曖昧である。アレルギー疾患を分かりやすい言葉に置き換えて言えば、本来なら反応しなくてもよい無害なものに対する( A過剰 )な( B免疫 )反応と捉えることができる。
( B免疫 )反応は本来、体の中を外敵から守る働きである。体の外には細菌やカビ、ウイルスなどの「( C敵 )」がたくさんいるので、放っておくと体の中に入ってきて病気を起こしてしまうが、それに対して体を守る働きの重要なものが( B免疫 )反応である。
・ところがアレルギー疾患で問題になるのはダニの糞やダニが死んだ後の粉、つまり生き物としては悪さをしないものへの反応である。それが人間の体の粘膜に付く、または入ってくると、本来、( D無害 )なのにも関わらず、アレルギーの人はそれに対して(  A過剰 )な( B免疫 )反応を起こして、逆に体に( E不利益 )な状態になってしまう、即ちアレルギー反応を起こす。

よって正解の組み合わせは4となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

以下が正しい文章になります。

・アレルギーという言葉自体は一般用語として広まっているが、その理解は曖昧である。アレルギー疾患を分かりやすい言葉に置き換えて言えば、本来なら反応しなくてもよい無害なものに対する( A過剰 )な( B免疫 )反応と捉えることができる。
( B免疫 )反応は本来、体の中を外敵から守る働きである。体の外には細菌やカビ、ウイルスなどの「( C敵 )」がたくさんいるので、放っておくと体の中に入ってきて病気を起こしてしまうが、それに対して体を守る働きの重要なものが( B免疫 )反応である。
・ところがアレルギー疾患で問題になるのはダニの糞やダニが死んだ後の粉、つまり生き物としては悪さをしないものへの反応である。それが人間の体の粘膜に付く、または入ってくると、本来、( D無害 )なのにも関わらず、アレルギーの人はそれに対して(  A過剰 )な( B 免疫)反応を起こして、逆に体に( E 不利益)な状態になってしまう、即ちアレルギー反応を起こす。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。