過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 教育原理 問29

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、中央教育審議会答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」(平成23年1月31日)の一部である。(A)にあてはまる語句として正しいものを一つ選びなさい。

キャリア教育は、キャリアが子ども・若者の発達の段階やその発達課題の達成と深くかかわりながら段階を追って発達していくことを踏まえ、(A)から高等教育に至るまで体系的に進めることが必要である。
その中心として、後述する「基礎的・汎用的能力」を、子どもたちに確実に育成していくことが求められる。
また、社会・職業との関連を重視し、実践的・体験的な活動を充実していくことが必要である。
   1 .
幼児期の教育
   2 .
初等教育
   3 .
中等教育
   4 .
中学校の進路指導の段階
   5 .
高等学校の進路指導の段階
( 保育士試験 平成25年(2013年) 教育原理 問29 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
46
評価しない
正解は1です。

キャリア教育とは、社会的・職業的に自立するための能力を育てていくことです。
この記述は、「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」第1章「キャリア教育・職業教育の基本的方向性」の前半部分です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
42
評価しない
キャリア教育はキャリアが子ども・若者の発達やその発達課題の達成と深くかかわりながら(略)発達していくことを踏まえ(A幼児期の教育)から高等教育に至るまで(略)実践的・体験的な活動を充実していくことが必要である。

キャリア(経験)を生かして現在や将来を見据えることなどを主眼として行われる教育のことです。
評価後のアイコン
評価する
26
評価しない
正解は 1です。

 中央教育審議会答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」からの引用です。これは、キャリア教育と職業教育の課題と基本的方向性を示しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。