過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 社会福祉 問70

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、社会福祉法人に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
社会福祉法人の行うことのできる事業は、社会福祉事業、公益事業、収益事業である。
   2 .
社会福祉法人の行う社会福祉事業は、第1種社会福祉事業とされている。
   3 .
社会福祉法人は、社会福祉施設を経営しなければならないとされている。
   4 .
社会福祉法人の理事は、その運営する社会福祉施設の職員を兼務できない。
   5 .
社会福祉法人は、その主たる事務所のある市町村域内でしか事業を行ってはならない。
( 保育士試験 平成25年(2013年) 社会福祉 問70 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
64
評価しない
正解は1です。

1 ○
適切な記述です。

2 ×
社会福祉法人の行う福祉事業は第1種だけでなく、保育所などの第2種もあります。

3 ×
社会福祉法人が経営するのは社会福祉施設だけでなく、必要に応じた公益事業や収益事業も含みます。

4 ×
社会福祉法第36条によると、社会福祉法人の理事は職員を兼務できます。

5 ×
社会福祉法第30条によると、社会福祉法人は都道府県を超えて事業を行うことができます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は 1です。

2…× 社会福祉法第2条には「この法律において「社会福祉事業」とは、第一種社会福祉事業及び第二種社会福祉事業をいう」とあります。保育所などは第二種です。

3…× 社会福祉法人は、社会福祉施設を経営しないといけないわけではありません。

4…× 社会福祉法第36条第1~4項に、理事の職員兼務の禁止されてはいません。

5…× 社会福祉法人は、主たる事務所のある市町村や都道府県を越えて事業を行っても構いません。
評価後のアイコン
評価する
15
評価しない
1.正しい。

2.誤り。社会福祉法人は第2種社会福祉事業も行う事が可能です。

3.誤り。

4.誤り。理事と監事は兼任不可です。

5.誤り。社会福祉法30条に記載されています。社会福祉法人でその行う事業が2以上の区域にわたるものにあっては、その所轄庁は前項本文の規定にかかわらず厚生労働大臣とする。

よって選択肢1が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。