過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 保育実習理論 問141

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の曲の伴奏部分として、A~Dにあてはまるものの正しい組み合わせを一つ選びなさい。
問題文の画像
   1 .
Aア  Bア  Cイ  Dエ
   2 .
Aイ  Bウ  Cエ  Dエ
   3 .
Aイ  Bエ  Cア  Dウ
   4 .
Aウ  Bイ  Cウ  Dア
   5 .
Aウ  Bエ  Cア  Dア
( 保育士試験 平成25年(2013年) 保育実習理論 問141 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
36
評価しない
 正解…5
基本的に,主旋律と副旋律の構成音はほぼ一致させた方が不協和音が少ない.
したがってAはウ(ドミソ・シレソ・ドミソ・ドミソ),Bはエ(シレソ・シレソ・ドミソ・ドミソ)である.
以上より,A,Bがそれぞれウ,エである組み合わせは5しかない.
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は5です。

Aに入るのはウです。
ここでソに合う和音はドミソです。
ファに合う和音はシレソとなります。ソシレファで、セブンス(属7)の和音になります。

Bに入るのはエです。
レに合う和音はシレソ。


CとDに入るのはアです。
CとDは同じフレーズなので、同じ伴奏が入ります。
ミファソミにはドミソ、レミファレにはシレソを合わせると、不協和音にならない美しい伴奏となります。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は5です。

・伴奏を付ける際、主旋律と副旋律の構成音を一致させた方が不協和音にならずに演奏することができます。また楽譜を見た時、調号が付いてないことからハ長調の曲であることがわかります。

ハ長調の曲に使われる和音は『ド・ミ・ソ』『ド・ファ・ラ』『シ・レ・ソ』です。

このことから考えていくと、まず『ラ・レ・ファ』の入っている「イ」は選択肢から外れます。

選択欄を見た所、「イ」が選択肢にないのは5のみなので、5が正しい答えと言えます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。