過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成25年(2013年) 保育実習理論 問145

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文のうち、適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 成田為三は、大正期の「赤い鳥」童謡運動に参加した作曲家である。
B ポルカは、静かな3拍子の合唱曲である。
C フルートは、木管楽器である。
D 卜長調の階名「ソ」は、音名「ニ」である。
E 河村光陽は、「うれしいひなまつり」を作曲した。
   1 .
A○  B×  C○  D○  E○
   2 .
A○  B×  C○  D○  E×
   3 .
A○  B×  C○  D×  E×
   4 .
A×  B○  C×  D○  E○
   5 .
A×  B○  C×  D×  E○
( 保育士試験 平成25年(2013年) 保育実習理論 問145 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
41
評価しない
正解は1です。

A ○
成田為三は童話と童謡の児童雑誌「赤い鳥」に参加し、「浜辺のうた」や「かなりや」の作曲者として有名な人物です。

B ×
ポルカはチェコの民族舞曲で、2拍子です。

C ○
フルートはもともとは木管。ファゴット、オーボエなど、笛は木管楽器だと覚えておきましょう。

D ○
ト長調におけるドはソです。よって、ト長調のソの音名はレすなわち「二」となります。

E ○
河村光陽は他に、「かもめの水兵さん」も作曲しています。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解…1
B:ポルカは3拍子ではなく2拍子の合唱曲である.
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は1です。

A 適切です。「赤い鳥」とは大正時代に発刊された童謡と童話が入った児童雑誌です。成田為三さんの他、鈴木三重吉さんや北原白秋さんも参加しています。

B ポルカはチェコの伝統的な音楽で速い2拍子のテンポが特徴です。

C 適切です。フルート・クラリネット・サックス・オーボエ等が木管楽器に入ります。

D 適切です。音名とは音の高さを表し方のことを言います。卜長調の階名「ソ」は、音名「ニ」になります。

E 適切です。河村光陽は、「うれしいひなまつり」を作曲しました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。