過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成24年(2012年) 児童福祉 問28

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、「児童福祉法」に規定される、児童福祉の費用に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 児童相談所に要する費用は、国庫の支弁である。
B 都道府県及び市町村以外の者の設置する保育所における保育を行うことに要する保育費用は、国庫の支弁である。
C 子育て短期支援事業の費用は、都道府県の支弁である。
   1 .
A○  B○  C○
   2 .
A○  B○  C×
   3 .
A○  B×  C×
   4 .
A×  B○  C○
   5 .
A×  B×  C×
( 保育士試験 平成24年(2012年) 児童福祉 問28 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
14
評価しない
正解は5です。

Aは×です。児童相談所に要する費用は、都道府県の支弁となります。
Bも×です。保育所の保育費用は、市町村の支弁となります。
Cも×です。子育て短期支援事業の費用は、市町村の支弁となります。
上記はすべて、児童福祉法にて定められています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は5です。

A児童相談所は、都道府県に設置義務があるため都道府県の支弁となります。
B保育所の管轄は市町村で、保護者の保育所への支払いも市町村であります。
C子育て短期支援事業の費用は、市町村の支弁となり、子育てセンターなど様々な取り組みがされています。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は5です。

A 児童相談所に要する費用は、都道府県の支弁です。

B 保育所の保育費用は、市町村の支弁です。

C 子育て短期支援事業の費用は、市町村の支弁です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。