過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問 平成24年(2012年) 児童福祉 問27

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
次の文は、里親制度と小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
   1 .
厚生労働大臣は、里親の行う養育について、基準を定めなければならない。
   2 .
里親と小規模住居型児童養育事業は、養育者の住居で子どもを養育する社会的養護である。
   3 .
養子縁組を前提とする里親となるためには、家庭裁判所の認定を受けなければならない。
   4 .
都道府県知事が養育里親を認定するためには、都道府県児童福祉審議会の意見を聞かなければならない。
   5 .
小規模住居型児童養育事業は、「社会福祉法」に規定される第二種社会福祉事業である。
( 保育士試験 平成24年(2012年) 児童福祉 問27 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
9
評価しない
養子縁組を前提とする里親となるためには、
養子縁組届けを都道府県知事に提出認可されれば可能です。

また、15歳以上であれば、本人の意思で決めることができます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

養子縁組を前提とする里親になるためには、都道府県知事の認定が必要です。家庭裁判所ではありません。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は3です。

養子縁組を前提とする里親となるためには、都道府県知事の認可が必要となります。また15歳以上であれば、本人の意思で決めることもできます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この保育士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。