過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理業務主任者の過去問 平成27年度(2015年) 問3を出題

問題

[ 設定等 ]
マンションの管理組合法人A(以下、本問において「A」という。)が、区分所有者B(以下、本問において「B」という。)に対する管理費債権(以下、本問において「本件被保全債権」という。)を保全するため、Bの債務者C(以下、本問において「C」という。)に対する金銭債権(以下、本問において「本件代位債権」という。)を代位行使する場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
   1 .
AがCに対して、本件代位債権を代位行使する場合、本件被保全債権の範囲で行使することができる。
   2 .
本件代位債権が国民年金受給権である場合、Aはそれを代位行使することはできない。
   3 .
Aが、本件代位債権の消滅時効を中断させるには、本件被保全債権の弁済期が到来しない間は、裁判上の代位によらなければならない。
   4 .
AがCに対して、本件代位債権を代位行使する場合、Bへ支払うように請求することもできるし、直接Aへ支払うように請求することもできる。
( 管理業務主任者試験 平成27年度(2015年) 問3 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
1:適切です。
民法の債権者代位の規定より設問文言のとおりです。

2:適切です。
年金受給権の代位行使はできません。

3:不適切です。
消滅時効の中断は裁判外の代位行使が可能です。

4:適切です。
本事例では代位債権の代位行使はBに対しても直接Aに対しても支払うように請求できます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この管理業務主任者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。