過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理業務主任者の過去問 平成27年度(2015年) 問4を出題

問題

[ 設定等 ]
マンションの区分所有者A(以下、本問において「A」という。)が、その専有部分をBに賃貸している場合に、Bの賃料の支払いに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
   1 .
第三者であるCがBの賃料を支払うことについて、Bが反対の意思を表示したときは、たとえCがBとの間に利害関係を有していても、Cは、Bに代わって賃料を支払うことはできない。
   2 .
Aの債権者であるDが、AのBに対する賃料債権を差し押さえたにもかかわらず、BがAに賃料を支払った場合、Dは、それにより受けた損害の限度において、さらに弁済をすべき旨をBに請求することができる。
   3 .
Bの賃料の支払いをAがあらかじめ拒絶した場合、BはAに、賃料支払いの準備ができている旨を通知し、その受領を催告すれば、当該賃貸借の債務不履行の責任を免れることができる。
   4 .
Bの賃料の支払いをAが受け取らない場合、Bは、当該賃料を供託すれば、当該賃料債務を免れることができる。
( 管理業務主任者試験 平成27年度(2015年) 問4 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
1:不適切です。
第三者Cが賃借人Bと利害関係にある場合は、Bが反対の意思表示をしてもCが代わりに賃料を支払うことが可能です。

2:適切です。
「損害の限度において」がポイントです。

3:適切です。
区分所有者でもある賃貸人Aが事前に賃料の受領を拒絶した場合、賃借人Bが通知、催告により当該賃貸借の債務不履行の責任を免れることができます。

4:適切です。
供託により賃料債務を免れることができます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この管理業務主任者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。