過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理業務主任者の過去問 平成27年度(2015年) 問5を出題

問題

[ 設定等 ]
マンションの専有部分甲(以下、本問において「甲」という。)を所有するAが、Aの友人であるBに甲を贈与する場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
   1 .
贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示することによって成立するので、Bは、Aに対し承諾の意思を表示する必要がない。
   2 .
AがBに、書面によらないで甲を贈与した場合、Bへの所有権移転登記が完了すれば、その贈与は、撤回することができない。
   3 .
Aは、甲に瑕疵(かし)があることを知っていた場合、その瑕疵についてBに告げなかったとしても、Bに対して担保責任を負うことはない。
   4 .
AとBが、Aが死亡したときに甲を贈与する旨の契約を締結する場合、遺贈の規定が準用されるので、公正証書による贈与契約書を作成しなければならない。
( 管理業務主任者試験 平成27年度(2015年) 問5 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
1:不適切です。
贈与は贈与契約のことですが、形態は双方の合致により成立する諾成契約です。
参考までに売買契約も諾成契約です。

2:適切です。
登記完了後は贈与の撤回ができません。

3:不適切です。
瑕疵があることを知っていたその者は瑕疵担保責任を負います。

4:不適切です。
「・・・が死亡したときに・・・を贈与する」は死因贈与という契約の一種ですが、遺贈の規定は準用されません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この管理業務主任者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。