過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理業務主任者の過去問 平成27年度(2015年) 問6を出題

問題

[ 設定等 ]
Aが所有するマンションの専有部分甲(以下、本問において「甲」という。)を賃借するBが、第三者であるCに、当該賃借権を譲渡又は甲を転貸した場合に関する次の記述のうち、民法、借地借家法(平成3年法律第90号)の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。
   1 .
Bが、Aの承諾を得てCに転貸した場合、Aは、Bに対する賃料額を限度にCから支払いを受けることができる。
   2 .
Bが、Aの承諾を得てCに転貸した場合、AB間の賃貸借契約がBの債務不履行により解除されたときは、Aは、Cに催告をして弁済の機会を与えなければ、賃貸借の終了をCに対抗することができない。
   3 .
Bが、Aの承諾を得ないでCに譲渡した場合、それがAに対する背信行為と認めるに足りない特段の事情があるときでも、Aは、Bとの間の賃貸借契約を解除することができる。
   4 .
BからCへの譲渡に関して、Aに不利となるおそれがないにもかかわらず、Aが当該譲渡を承諾しないときは、裁判所は、Bの申立てにより、Aの承諾に代わる許可を与えることができる。
( 管理業務主任者試験 平成27年度(2015年) 問6 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
1:適切です。
「賃料額を限度に」がポイントです。

2:不適切です。
A-B間 賃貸借契約
B-C間 転貸借契約
上記を踏まえて、賃貸借契約が賃借人の債務不履行により解除された場合ですが、AはCに催告すればよく、Cに弁済の機会を与える必要はありません。

3:不適切です。
背信行為と認めるには十分ではない程度の事情であれば賃貸借契約の解除はできません。

4:不適切です。
このような規定は存在しません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この管理業務主任者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。