過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級管工事施工管理技士の過去問 平成29年度(2017年) 2 問9

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
空気清浄装置に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
HEPAフィルターは、クリーンルームなどの最終段フィルターとして使用される。
   2 .
エアフィルターの性能試験方法のうち質量法は、主に粗じん用フィルターに用いられる。
   3 .
自動巻取形は、フィルター前後の差圧又はタイマーなどにより自動的に巻取りが行われる。
   4 .
ろ材は、特性の一つとして空気抵抗が大きいことが求められる。
( 2級 管工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 2 問9 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

40
1 正しい。
HEPAフィルターは通貨風速が遅く、ろ過面積が小さい構造になっている高性能フィルターで、高い捕集率があります。

2 正しい。
エアフィルターの性能試験には質量法、比色法、計数法の三種類あり、質量法は主に低性能フィルタ(租じん用)に利用します。

3 正しい。
問題文の通り。

4 誤り。
フィルターを空気が通過する際に圧力損失が生じてしまい、さらにろ材に粉塵が収集されていくにつれ、より損失が大きくなってしまいます。
そのため空気抵抗はなるべく小さいことが求められます。
付箋メモを残すことが出来ます。
5

空気清浄装置に関して該当しないものを選択する問題です。

1.HEPAフィルターとは、

 ゴミや粉塵等で0.3μm以上の粒子を捕集することのできる、

 高性能フィルターのことです。 

 クリーンルームなどの最終段フィルターとして使用します。

 

2.エアフィルターの性能試験方法のうち質量法は、

 主に粗じん用フィルター(プレフィルター)に用いられます。

 質量法という言葉もある通り、

 フィルタ通過前と後での粉塵の質量比で捕集率を計算する方法です。 

3.自動巻取形は、

 タイマー式や差圧式が存在し、

 自動的にろ材を巻取り、新しいろ材に更新します。

4.ろ材は、

 空気抵抗が低いことが求められます。

 空気抵抗が大きいと、ろ過性能低下の恐れがあります。 

3

1 正しい
HEPAフィルターは、空気中の0.3μm以上の粒子を捕集することができる高性能なエアフィルターのです。

2 正しい
エアフィルターの性能試験の質量法とは、捕集した塵埃の重量を測定して効率を計算します。

その際に、粗じん用フィルターを利用します。

3 正しい
自動巻取形とは、自動的に駆動装置が働き使用済みろ過材が巻き取られ、新たしいろ材が出てくる機構の自動巻取形エアフィルタです。

4 誤り
ろ材は、特性が損なわれない範囲で空気抵抗が出来るだけ小さくすることが求められます。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級管工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。