過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級管工事施工管理技士の過去問 平成29年度(2017年) 2 問18

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
給湯設備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
   1 .
逃がし管は、貯湯タンクなどから単独で立ち上げ、保守用の仕切弁を設ける。
   2 .
密閉式膨張タンクは、設置位置や高さの制限を受けずに設置することができる。
   3 .
ヒートポンプ給湯機は、大気中の熱エネルギーを給湯の加熱に利用するものである。
   4 .
中央給湯方式に設ける循環ポンプは、一般的に、貯湯タンクへの返湯管に設置する。
( 2級 管工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 2 問18 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

22
1 誤り。
逃がし管は装置内の圧力の膨張を抑えるためのものであり、機能上原則として弁を設けてはいけません。

2 正しい。
設問の通り。

3 正しい。
ヒートポンプ給湯機は、大気中の熱エネルギーを給湯の加熱に利用する、効率の高い給湯機である。

4 正しい。
設問の通り。
付箋メモを残すことが出来ます。
10

給湯設備に関して該当しないものを選択する問題です。

1.逃がし管は、

 貯湯タンク内の圧力上昇を防ぐために逃がすための管です。

 弁を設けると圧力上昇を防ぐことができなくなる可能性があるので、

 仕切弁を設けてはいけません。 

2.密閉式膨張タンクは、

 開放式膨張タンクのような排水が発生するわけでもなく、

 設置場所の制限が無いことが特徴です。

3.ヒートポンプ給湯機は、

 大気熱を給湯の加熱に利用し、

 少ないエネルギーで出湯することができます。 

4.中央給湯方式に設ける循環ポンプは、

 基本貯湯タンクへの返湯管に設置します。

5

1 誤り

逃し管は、内部圧力が限界まで達する前に圧力を逃がす管です。そこに弁を設けてしまうと、弁の開け忘れなどがあった場合、破裂などの事故が起こる可能性がある為、弁は設けてはなりません。

2 正しい

密閉式タンクは、給湯配管の圧力の上昇を抑える為の役割を持っています。設置位置や高さについては規定はされていません。

3 正しい。

ヒートポンプ給湯機は、空気の熱を利用して、お湯を沸かすシステムで、熱エネルギーを有効的に利用することができます。

4 正しい

中央給湯方式に設ける循環ポンプは、背圧に耐えるものを選定し、貯湯タンクへの返湯管に設置します。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級管工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。