過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級管工事施工管理技士の過去問 令和3年度(2021年)前期 6 問49

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
工程表に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
適当でないものは二つあるので、二つとも答えなさい。
   1 .
ネットワーク工程表は、各作業の現時点における進行状態が達成度により把握できる。
   2 .
バーチャート工程表は、ネットワーク工程表に比べて、各作業の遅れへの対策が立てにくい。
   3 .
毎日の予定出来高が一定の場合、バーチャート工程表上の予定進度曲線はS字形となる。
   4 .
ガントチャート工程表は、各作業の変更が他の作業に及ぼす影響が不明という欠点がある。
( 2級 管工事施工管理技術検定試験 令和3年度(2021年)前期 6 問49 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

9

工程表に関して、該当しないものを2つ選択する問題です。

1.各作業の現時点における進行状態が達成度により把握できるのは、

 ガントチャート工程表です。

2.バーチャート工程表は、スケジュールが把握しやすい反面、

 各作業の遅れへの対策が立てにくいというデメリットがあります。

3.毎日の予定出来高が一定の場合、

 バーチャート工程表上の予定進度曲線は直線になります。

4.ガントチャート工程表は、

 各作業の変更による他作業への影響が不明というデメリットがあります。

付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級管工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。