過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級管工事施工管理技士の過去問 令和3年度(2021年)前期 6 問50

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
機器の据付けに関する記述のうち、適当でないものはどれか。
適当でないものは二つあるので、二つとも答えなさい。
   1 .
遠心送風機の据付け時の調整において、Vベルトの張りが強すぎると、軸受の過熱の原因になる。
   2 .
呼び番号3の天吊りの遠心送風機は、形鋼製の架台上に据え付け、架台はスラブから吊りボルトで吊る。
   3 .
冷却塔は、補給水口の高さが補給水タンクの低水位から2m以内となるように据え付ける。
   4 .
埋込式アンカーボルトの中心とコンクリート基礎の端部の間隔は、一般的に、150mm以上を目安としてよい。
( 2級 管工事施工管理技術検定試験 令和3年度(2021年)前期 6 問50 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

10

機器の据付けに関して、該当しないものを2つ選択する問題です。

1.遠心送風機の据付け時の調整において、

 Vベルトの張りが強すぎると、軸受の過熱の原因になります。

2.呼び番号3の天吊りの遠心送風機は、

 形鋼製の架台上に据え付け、

 架台は上部スラブにアンカーボルトを使用し固定を行います。

3.冷却塔は、補給水口の高さが補給水タンクの低水位から、

 3m以内となるように据え付けます。

4.埋込式アンカーボルトの中心とコンクリート基礎の端部の間隔は、

 一般的に、150mm以上を目安とします。

付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級管工事施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。